ブックタイトル2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

ページ
136/200

このページは 2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている136ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

履修方法について履修最高単位数に含まない科目「人間科学部人間科学科履修規程」第8条の通り、各年次、各学期において履修できる授業科目の最高単位が決まっています。ただし、以下の授業科目は履修最高単位に含まれません。《全学共通科目》外国語科目のうち、英語と日本語の再履修※英語・日本語以外の外国語科目は履修最高単位数に含みます《学科専攻科目》(A-1)基礎必修科目の再履修、卒業研究の再履修、(A-2)企業実習《上記以外》①語学研修、②大学コンソーシアム大阪単位互換科目、③関西外国語大学単位互換科目学科専攻科目の卒業必要単位について人間科学部「履修規程」第3条の通り、人間科学部人間科学科の学科専攻科目の卒業必要単位は100単位です。その内訳は次の表の通り、(A-1)基礎必修科目、(A-2)基礎選択必修科目、(B-1)専門実習科目、(B-2)コース専門科目、(C)選択科目、(D)演習科目の区分によって決まっています。(A)から(D)の科目区分ごとに定められた卒業必要単位数を満たすように授業科目を履修していく必要があります。学科専攻科目には半期2単位科目、半期4単位科目と通年4単位の科目があります。1.半期2単位科目……1週間に1回授業が行われる半期完結科目です。2.半期4単位科目……1週間に2回授業が行われる半期完結科目です。3.通年4単位科目……1週間に1回授業が行われる通年完結科目です。(A)基礎科目(A-1)基礎必修科目(A-2)基礎選択必修科目必修科目4単位選択科目16単位余剰の単位は(C)区分に振り替えることができる(B)専門科目(C)選択科目(B-1)専門実習科目(B-2)コース専門科目【現代心理学コース】【メディア社会コース】【スポーツ健康コース】所属するコースの中から4単位・剰余の単位は(B-2)区分に振り替えることができる・所属コース以外の科目も履修可能。ただし、これらの科目は全て(C)区分の単位となる。・修得できなかった場合は、所属コースの(B-2)区分から代替することができる。【現代心理学コース】【メディア社会コース】【スポーツ健康コース】所属するコースの中から36単位【学際履修プログラム】申請者各コースから12単位ずつ合計36単位・剰余の単位はC区分に振り替えることができる・所属コース以外の科目も履修可能。ただし、これらの科目は全て(C)区分の単位となる。28単位・(A)(B)区分の剰余の単位及び、本学科に配当されていない[全学共通科目(2)]の単位。(D)演人間科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ習専門演習Ⅰ・Ⅱ科目卒業研究12単位演習科目12単位のうち卒業研究(4単位)は必修である。ただし、在学期間が4年を超える者が卒業研究を修得できなかった場合は、(B)区分から新たに2科目4単位を修得し、代替することができる。人間科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ、専門演習Ⅰ・Ⅱを履修しない場合、あるいは修得できない場合は、(B)(C)区分の科目で代替しなければならない。H-6