ブックタイトル2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

ページ
137/200

このページは 2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている137ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

(A)基礎科目(A-1)基礎必修科目基礎必修科目(A-1区分)は下表の通りです。下記授業科目は1年次配当の必修科目です。授業科目単位22配当年次11開講期春学期春学期卒業必要単位数人間科学の基礎人間関係の理論と実践4単位●基礎必修科目は配当年次に必ず履修しなければなりません。また、受講するクラスが指定されています。自分の時間割表や掲示等で確認のうえ、履修してください。【再履修について】必修科目が不合格となった場合は次学期以降に必ず再履修しなければなりません(A-2)基礎選択必修科目(A-2)区分には人間科学部の基本科目が配置されていますので、できるだけ1年次か2年次で履修することが望ましい。※余剰の単位は(C)区分に振り替えることができます。※「企業実習」は履修最高単位数に含まず履修することができます。(B)専門科目B区分には【現代心理学コース】【メディア社会コース】【スポーツ健康コース】の科目が配置されています。人間科学部(B-1)専門実習科目自分の所属コースの実習科目を2年生の春学期・秋学期で修得します。メディア社会コース生とスポーツ健康コース生は、2年次春学期に実習科目のⅠを取り、原則として秋学期には同じ科目のⅡを修得します。(B-2)コース専門科目自分の所属するコース専門科目を36単位修得します。ただし学際履修プログラムを申請した学生は3コースすべてから12単位ずつ修得します。※(B-1)科目について、所属コース以外の科目を修得した場合は(C)区分の単位になります。また、必要単位数を超えて修得した場合は、(B-2)科目の単位として数えます。(B-2)科目については、所属コース以外の単位および必要単位数を超えて修得した単位は、(C)区分の単位になります。※(B-1)科目を修得できなかった場合は、所属するコースの(B-2)区分の科目で振り替えることができます。コース現代心理学コースメディア社会コーススポーツ健康コース卒業必要単位数自分の所属コースから36単位(ただし学際履修プログラムでは、3つのコースそれぞれから12単位ずつ)(C)選択科目(A)(B)区分の剰余単位と、本学科に配当されていない[全学共通科目(2)]の単位。合わせて28単位が必要です。H-7