ブックタイトル2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

ページ
53/200

このページは 2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている53ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

キャリア教育について将来、社会に出て役立つ人になるため、自分の人生を切り開く力を養うための科目です。自分の個性を理解し、主体的に進路を選択するとともに、仕事で必ず求められる対人能力、思考能力、基礎学力を高めます。やりたいことが明確な人だけでなく、大学4年間を充実させたい人、社会で活躍したいがどうすればいいかわからない人、やりたい仕事がわからない人、将来に漠然と不安がある人をはじめ、すべての学生に履修をおすすめします。■講義の概要科目名講義内容配当年次キャリアデザインⅠ※経営学部「キャリア設計」キャリアデザインⅡ(企業研究とプレゼン)キャリア形成スキルⅠ(コミュニケーション)キャリア形成スキルⅡ(論理思考と解決策)社会人基礎学力Ⅰ(SPI対策基礎)社会人基礎学力Ⅱ(SPI対策応用)社会人基礎学力Ⅲ(SPI対策発展)大学4年間と社会に出てからの自分を方向付ける授業です。自分の強みや弱みを知り、社会にはどのような業界や仕事があるかを学び、自分を方向付けます。そして大学4年間で何を学び、何を体験し、どのような力をつけていくかを考えます。公務員志望の学生は、「キャリアデザインⅠ(公務員編)」を選択してください。学生が進路を決める上で、業界や企業の知識を得ることが大切です。知っている業界や企業に進むのではなく、成長性ややりがいがある、処遇がよい業界や企業を見つける力を身につけます。学生が主体的に分析できるように、グループワークを中心に進めます。コミュニケーション能力は、社会に出ると必ず求められる能力です。ところが、コミュニケーション能力を系統立てて学ぶ機会はあまりありません。この科目では、初歩的なことからやや高度な論理構成の作り方まで、順序立てて学習します。ゼミでのグループワークや日常生活、そして就活や就職後に必ず役立つでしょう。論理思考を基礎とした課題解決力があれば、人生を切り開けます。この授業では基礎的な論理思考からはじまり、経営コンサルティング会社で使われている課題解決の手法までを学習します。就職活動での第一関門となる筆記試験の対策を中心とした講座です。この講義では、解法を学び、知識を身につけ、練習を繰り返します。そして、志望する企業の筆記試験を突破できることを目指します。基礎レベル、応用レベル、発展レベルと、学力の段階に合わせた履修選択が可能です。※社会人基礎学力Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの3科目の内、卒業必要単位として認められるのは2科目までです。1・22・31・2・32・3・4(Ⅰ・Ⅱ)1・2・3・4(Ⅲ)2・3・4■履修モデル春学期1年・キャリアデザインⅠ・キャリアデザインⅡ2年(企業研究とプレゼン)3年・インターンシップ秋学期・キャリア形成スキルⅠ(コミュニケーション)・キャリア形成スキルⅡ(論理思考と解決策)・社会人基礎学力ⅠまたはⅡ・社会人基礎学力ⅡまたはⅢ・1年生の春学期は、キャリアデザインⅠ(経営学部はキャリア設計)の履修をおすすめします。・キャリア形成スキルは、ゼミやクラブ・サークル活動、アルバイトにも活かしながら高めることができるので、1年、2年で履修をするとよいでしょう。51