ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
141/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている141ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

人間科学部新入生の皆さんへ??人間科学部で学び、リアルな社会を超えてゆけ??人間科学部長福井孝明リアルな社会で生きていくための体力と精神力、そして知力を君自身の中につくる。これこそが、大阪経済大学人間科学部で君たちがおこなうべきことです。毎日のハードな生活に屈しない身体の軸、いろんな出来事や人間関係にも挫けない精神の軸、そして様々な情報に対応できる知性の軸。4年間の大学生活で身につけるこれら基礎的な力は、君たちが大学を出てからの長い人生で大いに役立つでしょう。職場の中で同僚と一緒に働くときはもちろん、街が暮れて腹を空かせ大切な家族の元に帰るときも、いまからの大学生活が大きな意味をもってきます。社会に出る前の4年間で、君たちの中にしっかりと軸となる力をつくっていきましょう。4年間という時間は驚くほど短いです。与えられるがままに時間に流されていると、ベルトコンベアに乗っているように無防備なまま社会に押し出されてしまいます。入学時点からしっかりと目標を定めて、知力、体力、そして意志の力を獲得していきましょう。そのためのプログラムとして人間科学部では、3つの専門コースを用意しています。いずれを選択するのか、まずはそこで君たちの意志力が試されます。そして順序よく必要な授業を受けて、社会で生きる力を1つずつ確実に身につけていきましょう。いまからの4年間はまだ、君たちは他人から様々な力をもらえばよいでしょう。家族の支え、友達の応援、そして大学では先生や職員が君たちのサポートをしてくれます。授業だけでなく、クラブ活動や、そして就職活動でも、さまざまな人と関わりながら自分という「幹」を太くしていくとよいでしょう。しかし、いまがラストチャンス。やがて君たちが社会に出れば、今度は君たち自身が後から来る者や、これまで世話になってきた方たちを支えてあげる順番になります。しかしそのときに君たちが何の体力もなければ?何の知力もなければ?何の精神力もなければ?いずれの場合も人に対して何かしてあげることなどできません。だから、これからの大学生活こそが、リアルな社会で生きていくための大切な時間となります。人のため、家族のため、あるいは自分自身のため、正しく間違いのない選択をする知性、感覚、意志の力を身につけるチャンスなのです。人生は、際限のない選択と判断の連続です。これから君たちは「自由」に生きていかなければなりません。「自由」とは、自分自身で選択すること。そして自分の選択に責任を持つことです。このリアルな社会での責任を全うするためにも、君たちは最後のこの機会に、しっかりとした力を自らの中に芽生えさせましょう。この4年間で自らの中に根幹となる力をつけて、一人を超えてゆくこと。そしてその力を発揮してリアルな社会を超えてゆくこと。さらには愛する人のために責任をもって判断できるようになって、二人を超えてゆくこと。さあ、君たちの力の鼓動が息吹く瞬間です!人間科学部H-3