ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
142/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている142ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

人間科学部での学び(1)人間科学部での学びの目標人間科学部では、学生の皆さんが4年間の学習を通して、次に示すような能力を身につけられることを目標に教育を行います。そして、卒業時にはそのような能力を有している証として、学士(人間科学)の学位を授与します。学生の皆さんは、これから人間科学部で学んでいくにあたって、人間や社会についての幅広い関心と理解力、確かな専門性と技能、諸課題に協働して取り組んでいく精神や意欲など、学びの目標をよく理解しておいてください。人間科学部人間科学部ディプロマポリシー(学位授与の方針)1.幅広い視野で現代世界の諸問題と向き合い、多角的な人間理解に基づく洞察と、専門的な知識と技能を活かした合理的な解決の道筋を提案する姿勢をもつ。2.日本語と少なくとも一つの外国語を用いて自己表現ならびに他者理解ができ、コンピュータやインターネットなどを使って必要な情報の収集・分析・発信ができる。3.職場・地域・家庭などさまざまな生活の場で人びとが直面している諸課題に積極的に関わり、問題解決のために協働して行動できる。4.多様な他者の存在を尊重するとともに、自らと社会とに対する批判精神を忘れず、世界と自分自身のよりよい未来を切り拓く気概をもつ。(2)人間科学部での学びの過程人間科学部では、上に示した能力を皆さんが身につけられるように、次のような方針のもとに、教育課程を編成しています。1年次には、大学での学び方の基礎を修得するとともに、2年次から所属するコースでの学びの内容にも触れて、自分がめざす専門性の方向を定めてもらいます。2年次からは「現代心理学コース」「スポーツ健康コース」「メディア社会コース」のいずれかに所属して、専門的な知識や技能を本格的に学びます。2年次には、コースの基本をしっかり学び、3年次からは、自らのテーマを決めて学習に取り組んでいきます。また、専門的な学びについては、各自の志向によって、所属するコースの専門的な内容をより深く学んでいくことも、コースをまたいで多角的・総合的に学んでいくこと(学際履修)も、どちらもできるようにしています。人間科学部カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)1.「現代心理学コース」「スポーツ健康コース」「メディア社会コース」の3つのコースを設け、各コースにおいて専門的な知識と技能を体系的に学べるようにする。2.人間について多角的・総合的に探究したい学生のために、柔軟な科目選択が可能な学際履修プログラムを提供する。3.1年次では、問題意識の涵養とともに協働性を培い、2年次からはコースに所属して、実習授業等通じて、学問的な思考法や方法論の確かな修得をめざす。4.3年次からは、自らの研究テーマの発見と、文献やデータの収集・分析・考察を他の学生と切磋琢磨しながら進め、4年次の卒業研究においてその成果を集大成する。5.学生自身のめざす目的に応じた学びのガイドとして「ライフ・クリエイト学習プラン」※を提供する。※「ライフ・クリエイト学習プラン」については後ほど説明しています。H-4