ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
147/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている147ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

(D)演習科目「ゼミ」と呼ばれる授業科目で、少人数で、担当教員のもとで、発表・討論などを中心にして行われる授業です。自分自身でテーマを決めて、それに関する資料を探してまとめたり、実験や調査を通じてデータを集めて分析し、その結果を発表して議論したりします。大学での学びに特徴的な探究と議論の場で、自ら積極的に取り組んでいく姿勢が求められます。毎週集まって、発表・討論をはじめとする活動を行っていくために、教員と学生、学生同士の関係も深まりやすく、交流をしながら、学びや研究を深めていくことができます。また、ゼミ合宿やゼミ旅行なども行われることがあります。演習科目には、「人間科学基礎演習Ⅰ」(必履修)、「同Ⅱ」、「専門演習Ⅰ」、「同Ⅱ」、「卒業研究」(通年4単位、必修)の5科目があります。必修や必履修以外の科目も履修することを基本としています。それによって、人間科学部では、1年次:「人間科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ」→2年次:B-1専門実習科目→3年次:「専門演習Ⅰ・Ⅱ」→4年次:「卒業研究」というように、学生の皆さんが大学の4年間にわたって、少人数での教育を継続して受けられるようにしています。①「人間科学基礎演習Ⅰ」(1年次春学期、必履修):大学に入学してすぐに、大学での学び方について学ぶ授業です。ノートの取り方、資料の探し方、レポートの書き方、発表のしかたなどについて学びます。(「人間科学基礎演習Ⅰ・Ⅱ」を合わせて「基礎ゼミ」と言います。)少人数なので、受講生同士で交流ができ、お互い友達にもなりやすく、教員とも交流ができて、新しい環境での「居場所」として、これからの大学生活を築いていく出発点にもなります。「人間科学基礎演習Ⅰ」は必履修科目なので、必ず履修しなければなりません。どのゼミの所属になるかおよび受講する時間は大学から指定されますので、その授業を履修しなければなりません。もし、単位を修得できなかった場合には、(B)(C)区分の科目で代替しなければなりません。②「人間科学基礎演習Ⅱ」(1年次秋学期):「人間科学基礎演習Ⅱ」は、「人間科学基礎演習Ⅰ」に引き続いて、大学での学び方についてさらに習熟するための科目です。自分でテーマを決めて、資料を集めて、レポートを書いたり、発表したりします。「人間科学基礎演習Ⅰ」とは異なり、どのゼミを履修するかは学生が選択できます。「人間科学基礎演習Ⅱ」は担当者の専門も活かしながら授業が進められますので、自分の興味のある内容の授業を選ぶとよいでしょう。1年次の秋学期の予備登録の際に希望するゼミに登録します。ただし、定員を超えた場合には必ずしも希望したゼミに入れないことがあります。「人間科学基礎演習Ⅱ」の履修登録方法の詳細については、KVCを通じて案内します。「人間科学基礎演習Ⅱ」を履修しない場合や、単位を修得できなかった場合には、(B)(C)区分の科目で代替しなければなりません。③「専門演習Ⅰ」(3年次春学期):「専門演習Ⅰ」「同Ⅱ」「卒業研究」の3科目は、1年次に履修する「基礎ゼミ」に対して、「専門ゼミ」(あるいは単に「ゼミ」)と言います。まさに担当教員の指導を受けながら、専門的な学びを自ら深めていくための授業です。原則として3年の春学期から4年の秋学期まで2年間を通じて同じ教員のゼミに所属して、自らのテーマを決めて、専門的な学習と研究を進めて、最終的には卒業論文としてまとめて提出することになります。「専門演習Ⅰ」の選択方法については、後ほど項を改めて説明します。「専門演習Ⅰ」を履修しない場合や単位を修得できなかった場合は、(B)(C)区分の科目で代替しなければなりません。④「専門演習Ⅱ」(3年次秋学期):「専門演習Ⅱ」では、「専門演習Ⅰ」に引き続いて、自ら決めたテーマについての研究等を進めていくことになります。「専門演習Ⅰ」の単位を修得すると、自動的に同じ教員の「専門演習Ⅱ」に履修登録されます。「専門演習Ⅱ」を履修しない場合や単位を修得できなかった場合は、(B)(C)区分の科目で代替しなければなりません。⑤「卒業研究」(4年次通年、必修):「専門演習Ⅰ・Ⅱ」に引き続いて、同じゼミで、自ら決めたテーマについての研究等を進めて、最終的には卒業論文として提出します。必修ですので、4年次に必ず履修し単位を修得しなければなりません。「専門演習Ⅰ・Ⅱ」の単位を修得した学生は、人間科学部H-9