ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
165/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている165ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名イ伊前トウ藤マサユキ正之〔経営学部〕■研究テーマ■担当科目投資戦略論(株式編)、同(派生商品編)、現代経営入門金融市場における投資家の分析、様々なテクニカル手法の有効性の検証■研究室J館505■連絡方法masa@osaka-ue.ac.jpいつの世だって、見えない先のことは、複雑そうで大変そうに見えます。今も、まさにそう。でも、みなさんはこんな時代しか生きていないのだから、ゆったりに浸かってた僕ら世代より順応力高く、乗り切るすべを見つけ出せていけるはず。頭をフル回転させ、アイディアを絞り出し、生きる力を生み出していってください。■名イワ岩前サ佐■研究テーマタクロウ托朗〔情報社会学部〕■担当科目比較文明論、欧州研究、国際文化論、国際社会論、英語日本-ヨーロッパ比較文明・比較文化、および異文化理解とイメージに関する研究。■研究室G館717■連絡方法iwasa@osaka-ue.ac.jpこれまで20年以上に渡り、常にヨーロッパと関わってきました。多種多様な文化・言語を互いに尊重し合う姿勢こそ、今後の国際社会に生きる日本人が大いに学ぶべき点だと感じます。自らの様々な体験をみなさんに伝えることで、他者を思いやり・自主自立の人間へと成長していくことを期待しています。人生に一度しかない「今・この瞬間」を楽しみながら、世界に大きく視野を広げましょう。■名前ウエミヤ上宮トモユキ智之〔経済学部〕■研究テーマ■担当科目経済学史、経済学史特論■研究室J館722※2017年度春学期は海外留学中19世紀後期から20世紀初頭にかけてのイギリス経済思想史、とりわけF.Y.エッジワースの経済理論・思想■連絡方法uemiya@osaka-ue.ac.jp新しいとされているものが常に優れているわけではありません。古い学説のなかに斬新性を感じることもあります。また、同じ事実を見ていてもその解釈が異なり、同時に多様な考えが併存していることもあります。温故知新、そして多様性の理解。これこそが経済学の歴史(経済学史)を究明する醍醐味です。■名ウ鵜前カイ飼〔人間科学部〕■研究テーマ■連絡方法ナ奈ツ津コ子■担当科目精神分析学入門nabwork@osaka-ue.ac.jp■研究室A館503①自閉症などの発達障害児および被虐待児の精神分析的心理療法②異文化・異言語間心理療法③日本における子ども・青年精神分析的心理療法士養成訓練の可能性大学生活の4年間は、人生の中でも様々な疑問や葛藤にぶつかりながらも、最も多くの経験と学びの得られる時期の一つだと思います。臨床心理学の世界に触れることで、皆さんの大学生活とその後の人生が、より一層充実し、豊かなものになることを願います。■名前ウメハラ梅原エイ英〔経済学部〕■研究テーマジ治■担当科目財政学、財政政策、地域政策入門■研究室J館506①世界と日本の財政危機・財政再建に関する研究、②デフレーションとその対策に関する研究、③社会保障財政に関する研究、④大都市財政に関する研究■連絡方法umehara@osaka-ue.ac.jp膨大な借金財政、消費税の増税、年金問題、被災者・被災地に使われない復興予算などなど、財政問題は毎日の新聞・テレビのトップニュースとして取り上げられています。それは財政がたんなる経済問題ではなく、政治や社会のあり方とも結びついているからです。財政を学べば、政治・経済・社会をトータルに把握することができます。財政学を通じて、スケール大きく学び、生き抜きましょう!59