ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
178/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている178ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前■担当科目■研究室タカハラリュウジ高原龍二〔経営学部〕■研究テーマ組織調査演習、行動計量学、行動科学実験実習、リーダーシップ論、現代経営入門産業組織における心理学的支援の一環としてのアクション・リサーチJ館724■連絡方法takahara@osaka-ue.ac.jp目の前の机や椅子から自分自身まで、全ての存在を徹底的に疑った末、「我思う、故に我あり」という発想にたどり着いたデカルトほどではないにしても、何かに疑問を感じるということは新たな発見の基盤となります。大学生活の中で様々なことを疑ってください。講義や書籍が100%正しいと思ったら大間違いです。ただし、友情を疑うのはほどほどにしておきましょう。■名前■担当科目■研究室タジマヨシテル田島良輝〔人間科学部〕■研究テーマ①スポーツとまちづくり(ソーシャルビジネスとしての地域スポーツクラブ)②スポーツマネジメント教育(プロスポーツ版ルーブリックの策定)■連絡方法スポーツマーケティング、地域スポーツ論、スポーツ健康実習(ソフトボール)y.tajima@osaka-ue.ac.jpA館507大学ではスポーツで「何か」おもしろいことを探しませんか。そして、おもしろそうな「何か」を「かたち」にしてみませんか。それがマネジメント、スポーツを「つくる」ということです。スポーツには人やまちを元気にする力があると私は思っています。スポーツの持つ力や可能性を一緒に学問していきましょう。■名タ田前ナカ中ケン健〔経営学部〕■研究テーマゴ吾■担当科目■研究室産業心理学、心理学入門、現代の心理学J館804(1)企業従業員のソーシャルスキルと職業性ストレスに関する研究(2)企業従業員・地方公務員を対象とした産業心理臨床活動など■連絡方法kengot@osaka-ue.ac.jp心理学は、人間の感情や行動、認知や意思決定のプロセス説明する学問です。教育や臨床の分野だけではなく、産業関連分野・職域においても、心理学の理論を組織あるいは人材の活性化に応用しようという試みがたくさん行われています。個人の心理的な健康状態の増進から、企業組織やコミュニティの生産性の向上まで、色々な現象を心理学的な視点で眺めてみましょう。■名前■担当科目■研究室タバタヨシヒロ田畑嘉洋〔経営学部〕■研究テーマ民法入門、ビジネス法入門、法学入門、現代の法J館624民法、特に、売主が契約適合的でない目的物を買主に引き渡した場合の責任とその限界について■連絡方法メールで予約(y-tabata@osaka-ue.ac.jp)4年間の学生生活は長いようですが、あっという間に過ぎてしまいます。色々なことに貪欲に挑戦して、悔いの残らないような学生生活を送ってください。様々な物事に触れることで、自分にしかできないことが見つかるかもしれません。■名前■担当科目■研究室ダンヤスアキ團〔人間科学部〕■研究テーマ若者をめぐるメディア環境とコミュニケーションの変化、ソーシャルメディアと読書文化、メディアとポピュラー文化、読むこと書くことをめぐる実践■連絡方法康晃メディア学概論、ソーシャルメディア論、メディア学実習dan@osaka-ue.ac.jpJ館523新聞、雑誌、テレビ、マンガ、スマートフォン・・・・・・私たちの生活は様々なメディアで溢れています。私たちを取りまくメディア環境は私たちの生活やコミュニケーションをどのように変えたのでしょうか。私はそんなメディア経験の歴史と現在について、文化社会学・メディア論の立場から、歴史調査や若者のフィールドワークにもとづく研究をおこなっています。72