ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
180/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている180ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前■担当科目■研究室トベマスミ戸部真澄〔経済学部〕■研究テーマ日本とドイツの行政法・環境法を素材として、「不確実性の法的制御」のあり方や行政と市民の「協働」の問題を研究しています。■連絡方法行政法、地方自治法、自治体法務J館704tobe@osaka-ue.ac.jp普段あまり意識しませんが、行政や地方自治に関する問題はテレビ等で毎日のように報道されています(例:大阪都構想、名古屋市のリコール問題等)。また、私たちの日常生活でも、行政との関わりは少なくありません(例:家庭ごみの処理、水道の利用、確定申告等)。その意味で、行政法や地方自治法を勉強することは、この世の仕組みを理解する一つの鍵となりえます。■名前■担当科目■研究室ナカオタヒロシ中尾田宏〔経済学部〕■研究テーマ国債の長期金利と短期金利の差とマクロ経済の関係金融論G館726■連絡方法hnakaota@osaka-ue.ac.jp大学時代というのは、人生においても貴重な時間です。自由な時間が多くあり、その時間を共に過ごすいい仲間が周りにいる。こんな恵まれた環境は他にはそうありません。充実した学生生活を過ごすためにも、自分にとっての何か一つのこだわりを見つけてください。そして、勉強も忘れずに。■名前■担当科目■研究室ナカジマミサホ中島美佐穂〔人間科学部〕■研究テーマ職業能力開発キャリアデザインⅠ、キャリアデザインⅡ(企業研究とプレゼン)、インターンシップG館728■連絡方法nakajima@osaka-ue.ac.jp「キャリア」とは単なる職業経歴ではなく、「いかに生きるか」「いかに働くか」という広義の意味を持っています。生涯を通して「自分らしく生きる」ために必要な能力を、学生時代に積極的に開発していきましょう。■名前■担当科目■研究室ナカムラケンジ中村健二〔情報社会学部〕■研究テーマ情報コミュニケーション論、情報通信ネットワーク論、企業情報システム論、社会情報システム論、コンピュータ科学J館718Webマイニング、テキストマイニング。Webでの犯罪からの子どもの安全を目指した有害情報フィルタリングやECサイト上でのユーザ行動の解析■連絡方法k-nakamu@osaka-ue.ac.jpインターネットは、スマートフォンやソーシャルメディアの登場により、個々人の気軽な情報発信の場となりました。従来型の就職活動を変えた「ソー活」などのように、今までとは違った形での利用モデルが生み出されています。このように、新たなサービスは、最新の情報機器にアイデアを一つ加えるだけで、大きなビジネスへと発展できます。それらのアイデアを発想し、一緒に磨き上げて、学生の間に一つの目に見える成果を出しましょう。■名ナン難前バ波タカ孝シ志〔情報社会学部〕■研究テーマ■担当科目基礎社会学、地域社会学社会調査分析:都市・地域社会の社会学的研究、沖縄社会研究、日独比較社会研究■研究室J館503※2017年度春学期は海外留学中■連絡方法オフィスアワーあるいはメール(namba@osaka-ue.ac.jp)「気色悪い社会」学のすすめ:「今・ここで・私」にとって「正常」なことは、「違った時代・違った場所で・他者」にとっては「異常」であるかもしれません。時間の軸をずらす(例:歴史を調べる)、場所の軸をずらす(例:外国と比較)、価値観をずらす、因果関係を追いかけることを日常から心掛ければ、いつしか社会は「気色悪い」存在に見えてくるに違いありません。74