ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
181/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている181ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前ニシヤマ西山■研究テーマ■連絡方法ユタカ豊〔情報社会学部〕■担当科目情報数学、情報リテラシーnishiyama@osaka-ue.ac.jp■研究室F館312ブーメランの飛行力学、自然界にひそむ「5」の謎など、日常生活の中で不思議と思うことを研究テーマにしてきました。最近は組体操事故など、事故や災害にも関心があります。難しい時代になればなるほど、よく考えよく勉強することが大切です。何をとればトクだとか、友達がしているから安全とか、そのような方法は確かに有効かもしれません。しかし人生80年の時代、本当の意味で自分の力になるのは他人の真似ではなく自分を見つけ、自分を磨くことではないでしょうか。■名前■担当科目■研究室ニッタマチ新田町ヨシナオ義尚〔経営学部〕■研究テーマ日本語表現、日本語教育、日本語の話し方、日本語の書き方F館301日本語表現論、古代敬語の複合用法における語用論的研究と儀礼言語の宗教・政治・歴史的背景。■連絡方法nitt0525@osaka-ue.ac.jp歌舞伎など伝統芸能ではよく「型に入って、型から出よ」といいます。個性だと思い込んでいるだけで実は「形なし」になるのではなく、基本をしっかり身につけた上での「型破り」になること、それを理想としたいものですね。■名前■担当科目■研究室ニホンスギツヨシ二本杉剛〔経済学部〕■研究テーマ社会行動や制度設計に関する実験研究をしています。実験経済学、行動経済学、ミクロ経済学J館803■連絡方法メールでアポイントをとってください皆さんが将来どんな職業に就くとしても、経済学の考え方は思考の助けになるはずです。行動経済学・実験経済学を学ぶことで、人、組織、社会制度などを、実験や調査による実際に観察されたデータから理解することができます。■名ノ野前ムラ村クニヒコ国彦〔情報社会学部〕■研究テーマ■担当科目からだから計測できる時系列データの解析と応用身体情報処理基礎・応用、レクリエーション方法学■研究室J館809■連絡方法nomura@osaka-ue.ac.jp昨今の計測技術の進歩は著しい状況です。Apple Watchに代表されるようなウェアラブルセンシングが一般消費者にも利用可能な時代になりました。脳波も容易に計測できる時代です。からだの色々な情報が、簡単に、さらには精度よく測ることが出来る時代にも関わらず、そのデータをどう利用したらよいのか?まだまだ普及していません。一緒に、データを取ってみましょう!■名前■担当科目■研究室ハガマヨミ芳賀麻誉美〔経営学部〕■研究テーマ1.マーケティング・リサーチ手法の特性研究および開発、特にオンラインコミュニティリサーチ2.他者予測と市場予測3.顧客の文化的特性に基づくセグメンテーションと製品開発支援■連絡方法マーケティングリサーチⅠ、Ⅱマーケティング・リサーチビジネス特殊講義(ビジネス統計学Ⅰ)メール(大学用)を利用F館310大学生活において、ビジネスの世界で自身の問題解決のために活用できる知識と技能の両方を身につけることは、決して簡単なことではありません。未来の自分のために、今持てる全力で取組んで行きましょう。75