ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
182/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている182ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前■担当科目■研究室ハシタニソウイチ橋谷聡一〔経営学部〕■研究テーマ不動産法(特に不動産証券化に関する法律)信託法(信認関係における受任者の義務)■連絡方法不動産法、民法Ⅰ〔総則〕、民法Ⅱ[物権]、ビジネス法入門soichi@osaka-ue.ac.jpJ館627学生の皆さんが、将来、社会人として活躍するにあたり、法律を知っていること、一定程度、使いこなせることが求められます。講義及び演習を通じて、法律の知識や考え方の基礎力を身につけ、これを活用できるようになることを目標として、一緒に学びと思考を深めてゆきましょう。■名前■担当科目■研究室ハシモトカズヒコ橋本和彦〔経済学部〕■研究テーマ経済数学F館305望ましい社会を実現するための制度設計、集団的意思決定方法、などに関する理論研究■連絡方法メールで連絡目的と手段を明確にし、限られた時間や資源を有効に使ってください。■名前ハットリ服部ケイスケ圭介〔経済学部〕■研究テーマ■担当科目公共経済学、特に公共財の供給問題について■研究室公共経済学、応用ミクロ経済学G館706■連絡方法hattori@osaka-ue.ac.jp学問の最高学府である大学において、先人の叡智から何かを学び取るには皆さんの積極性が必要になります。これから4年間、大学の施設や教員、講義を積極的に活用し、たくさんのことを学ぶことで自分の未知の可能性を切り開いてください。■名ハヤシ林前〔経済学部〕■研究テーマジュン遵■担当科目資本の蓄積と再生産、資本蓄積と労働生産力、経済成長■研究室経済理論(生産・蓄積)、経済理論(流通・分配) J館526■連絡方法jhayashi@osaka-ue.ac.jp経済を取り巻く環境も小生の学生時代(35年前)とはずいぶん変わりました。日本が先進国であること、インフレが問題にならないこと、失業率が高いこと、などなど。それでもなお資本主義経済であるかぎり本質的に変わらないことがあります。経済理論では2年がかりで資本主義経済の基礎理論を勉強します。ゼミでは現代の日本経済をテーマにしています。どちらもよろしく。■名ハヤシ林前■研究テーマ家計の消費行動ヨシ由〔経済学部〕コ子■担当科目計量経済学■研究室J館711■連絡方法yhayashi@osaka-ue.ac.jpパソコンやインターネットの驚異的な普及により、20年前までは考えられないくらいに簡単にデータを取り出し、処理することができるようになりました。この恵まれた環境で何もしないのはもったいないと思います。76