ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
184/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている184ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前フクモト福本ユキ幸〔経済学部〕■研究テーマオ男■担当科目為替レート・為替相場制度に関する実証研究■研究室国際金融論G館704■連絡方法fukumoto@osaka-ue.ac.jp経済のグローバル化により、日本は外国の経済状況ばかりでなく、日本の経済活動が世界経済に及ぼす影響も考慮して行動する必要性が高まっています。国際金融論はこういった事柄を幅広く扱う学問です。皆さんには国際金融論の授業等を通して、国際金融に関する理解を深めるだけでなく経済学的な視点も養って貰えたら幸いです。■名前■担当科目■研究室フジイダイスケ藤井大輔〔経済学部〕■研究テーマ1.中国の経済発展と政府の役割2.中国の地域経済政策と産業集積の空間統計学的分析■連絡方法中国経済論、中国経済特論、地域政策入門G館708d_fujii@osaka-ue.ac.jp近年、中国の経済発展はめざましく、経済規模でみるとすでに世界第2位の経済大国となっており、日本のみならず世界経済が中国の影響を受けるようになっています。その一方で、中国の政治経済制度の特殊性により、一般的な経済理論だけでは解明できない部分もあります。この巨大で複雑な中国経済について、学生のみなさんとともに考えていきたいと思います。■名前フジサワ藤澤ヒロ宏〔経営学部〕■研究テーマキ樹■担当科目憲法、社会保障法、人権教育論低所得世帯への教育(費)支援制度の公法学的実証的研究■研究室G館718■連絡方法fujisawa@osaka-ue.ac.jp人権問題にもっとも敏感でなければならないはずの教育・福祉の現場で、人権侵害事件が後を絶ちません。その原因と解決方法について、社会権(とりわけ生存権)保障の立場から検討しています。■名前フジシマ藤嶋〔経営学部〕■研究テーマハジメ肇■担当科目会社法、企業取引法株主総会における意思形成過程、とりわけその瑕疵と効力に関する法的研究。日独比較企業法研究。■研究室G館713■連絡方法オフィスアワーの時間を利用皆さんにこの法格言を贈ります。「たとえなすことが許されていても、なすことが適切ではないあることが、存在する。一方で、なすことを許されていないことをなすことについては、すべて、これをなすことは適切ではない。」(柴田光蔵・林信夫・佐々木健編『ラテン語法格言辞典』慈学社出版,2010,61頁)■名前フジモト藤本タカ髙〔経済学部〕■研究テーマシ志■担当科目農業経済論、農村政策農村経済の分析とその発展のための政策■研究室G館719■連絡方法tfuji@osaka-ue.ac.jp農村から都市への人口移動は止まりません。農業の衰退と、それによる農村の衰退はやむをえないことかもしれません。しかし農村は、食糧生産の他、アメニティの供給、国土・環境の保全、エネルギーの供給といった社会的役割を担っています。フィールドワークや統計分析を通じ、農村経済の実態を明らかにし、その発展のための政策をみなさんと考えたいと思います。78