ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
185/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている185ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前フジモト藤本ヒサ寿■研究テーマオ良〔情報社会学部〕■担当科目マーケティング論、マーケティング戦略論、流通システム論、流通情報システム、消費社会論■研究室F館309循環型ロジスティクス・チャネルにおける商業者の役割、地域ブランドの可能性、マーケティングと消費社会の変容■連絡方法fujimoto@osaka-ue.ac.jp研究の刺激のため年に2-3回海外の学会へ出かけますが、日本のマーケティングや流通に対する関心が高まっています。皆さんはそれをじかに体験できているわけですから、その自覚を持っていろいろなことを学んでください。そのためには、普段の何気ない体験を少し違う角度や観点から見直してみることも大切です。そこから何か新しい発見があるかもしれません。■名前フジモト藤本■研究テーマ■連絡方法ヨシハル義治〔情報社会学部〕■担当科目経営工学、経営戦略論、基礎経営学yfjimoto@osaka-ue.ac.jp■研究室J館502生産形態、研究開発など各種要因からみた機械工業の工場立地(各種立地要因がどのように立地に作用するか、体系的にまとめています。)大学を卒業して40年以上が過ぎました。研究の性格上、実際の生産の場に入り研究らしきことに関わってきましたが、一体今まで何をしてきたのかなと思うことがあります。うまくいかなかったことが大半でしょう。自分の経験を良い意味でも悪い意味でも伝えたいと思います。■名前■担当科目■研究室フジワラケン藤原健〔人間科学部〕■研究テーマ心理統計法、心理学実験実習、集団力学、対人行動学、J館521心理学入門対人コミュニケーションと対人関係の展開、非言語行動、感情の社会的機能■連絡方法ken.fuji@osaka-ue.ac.jp私たちは日々、あらゆる対人関係に囲まれ、コミュニケーションをとることで生活しています。人とのコミュニケーションをどう捉えるかは自由です。「仲良し」だけがいいことではありません。価値観は人それぞれです。ただ、対人関係の展開や対人コミュニケーションについて、たとえわずかでも理論的に理解することができれば、少しは生きやすくなるかも知れません。■名前フジワラ藤原タダ忠〔経済学部〕■研究テーマキ毅■担当科目国際経済論南北貿易と知的所有権の経済分析、多国籍企業と技術移転に関わる経済分析■研究室J館703■連絡方法t-fujiwara@osaka-ue.ac.jp国際経済学は主権国家の存在を前提に諸国間の経済的な関わりを分析することを目的としています。貿易の利益、保護貿易と関税の効果などについて議論していきます。■名ホソ細前イ井マ真ヒト人〔情報社会学部〕■研究テーマ■担当科目コンピュータ経済学、統計学Ⅱ、経済情報分析、基礎経済学■研究室J館707経済分野におけるエージェントベース・モデルの応用、およびシミュレーション結果の確率的評価手法に関する研究■連絡方法hosoi@osaka-ue.ac.jp経済・経営の諸問題は相互作用や学習による進化を含むために複雑ですが、近年の研究の進展によりこのような複雑なモデルもITとコンピュータ・シミュレーション、情報システムにより評価・解決できるようになりつつあります。皆さんには大学の4年間で、コンピュータを自在に扱えるようになり、社会科学の諸分野の知識を身につけ卒業していって欲しいと願っています。79