ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
189/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている189ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

■名前モトムラ本村ミツ光〔経済学部〕■研究テーマエ江■担当科目英語、留学英語、GCコース特殊講義理論言語学統語論。アニマルウェルフェア(動物福祉)。■研究室J館701■連絡方法motomura@osaka-ue.ac.jp英語を身に付けるのに近道はありません。地道な努力の積み重ねを続けてください。■名モリ森前ウタ詩〔経済学部〕■研究テーマエ恵■担当科目社会政策・社会福祉、とくに介護保障の制度分析社会保障論、高齢者福祉論、地域・社会調査■研究室G館725■連絡方法mori@osaka-ue.ac.jp社会政策や社会保障・社会福祉は、私たちが生きていくなかで密接な関係をもつ労働や生活問題について考える学問です。講義では、私たちを取り巻く「家族」「地域」について意識しながら、社会政策全般に関する幅広い知識が習得できるよう進めていきたいと思います。■名前■担当科目■研究室モリタキミユキ森田■研究テーマ■連絡方法公之〔経営学部〕人事と組織の経済学ビジネスエコノミクスJ館819一見すると経営学と経済学は関係ないように思うかもしれません。しかし人事や組織の経営の問題は経済学でも研究が進められています。例えば、私は異なる好みや考え方を持つ多様な人材がいる組織がいつまたなぜ望ましくなるかを経済理論を用いて研究しています。授業では、経営学部の皆さんにとって身近な経営の問題が経済学でどう扱われているかを紹介していきたいと思います。■名前ヤマグチ山口マサ雅〔経済学部〕■研究テーマオ生■担当科目現代の日本経済、経済学入門、労働経済論、労働政策■研究室J館518マクロ経済学と所得分配、最低賃金の政策効果、地域経済発展と雇用創出・新規開業の実証分析■連絡方法m.yamaguchi@osaka-ue.ac.jp4年間の大学生活で、さまざまなことにチャレンジし、自分が何を理解していないのかを知る力、物事の本質を見極める力、学習と勉強を楽しむ力、本を読む力を養って、何でも話せる友人をみつけてください。■名前ヤマモト山本■研究テーマシュンイチロウ俊一郎〔経済学部〕■担当科目経済地理学、地域経済論、関西経済論中小零細製造企業の集積地域に関する経済地理学的研究■研究室G館720■連絡方法shun@osaka-ue.ac.jp産業の空洞化がますます進行するなか、中小零細企業が持続的に発展していくためには何が必要でしょうか。近年では、経済的な側面だけではなく、ブランド価値にみられる無形資産やイノベーション創出の過程に注目があつまっています。市場の不確実性が増すなかで今求められている企業・産業の競争力とは何か。一緒に学習していきましょう。83