学部/大学院・教育内容

演習科目一覧

ゼミ紹介

テーマ内容担当教員
スポーツ・マネジメント
日本および国外のスポーツ・マネジメントを学ぶゼミナール。特に、プロフェッショナルスポーツ経営を専門に展開していく。また、全国規模な大学ゼミナール対抗コンテストに参加し、当大学だけではなく、他大学の学生とも研究成果を競い合い優勝を目指す。スポーツマンシップがあり、主体的に学べる演習を実践していく。相原正道
競技スポーツにおけるコーチングとトレーニング適応の研究
競技や指導経験にさまざまな科学的根拠を加えることで明確なコーチングが可能となり、競技力、チーム力の向上へつながる。本ゼミでは、競技スポーツのコーチングにおける問題点・疑問点を題材に、コーチング資料の構築、競技の活動時における生体内の諸反応、トレーニング効果など、現場に還元できる内容を論理的に探求していく。明石光史
現代社会の「波」を知る
今、日本社会にはどんな特徴や問題があるのか。それはどんな経緯で作られ、どう変化するのか。このゼミでは家族、地域、経済、文化など現代社会を構成するさまざまな次元について、その構造と変化を多角的に検討。社会への理解を深め、生き方の幅を拡げる手助けとなることを目標とする。石田淳
子どもの心理療法と福祉
一般的な子どもの心の発達を理解した上で、個人的・家庭的・その他の外的要因によって心の発達につまずきを抱える子どもと、その家族の支援について理論と実際を学びます。学内外の支援現場や施設などの見学に加え、現場のボランティアやアルバイトといった実践的な学びの機会も提供。
鵜飼奈津子
人の健康づくり・健康支援について考えよう
食習慣の改善や運動習慣の獲得を中心に、各世代が抱える健康問題について学び、人の健康づくりや健康支援について研究する。また、授業で学んだ知識を応用し、健康づくり支援の現場で実践につなげる。
江藤幹
デジタルメディア時代の
映像表現
今日、映像メディアをめぐる状況は日々変貌し、さまざまな新しい表現が生み出されている。ゼミではこうした現状を批判的に検証しながら、新たな映像表現の可能性を展望する。また実際のコンテンツ制作も行い、デジタル時代の情報発信者としてのスキルアップを図る。北市記子
スポーツ・運動や健康に関する諸問題を考えましょう本ゼミでは、運動やスポーツに伴うさまざまな動作について実験や調査を行うことによりそのメカニズムやシステムを解明する。また、健康についてのアンケート調査や生活習慣記録機器を用いて測定し、健康度を高める方法を検討。実験や調査のデータ結果からさまざまな角度で考察していく。楠本秀忠
企業戦略⇔広告コンテンツを深く考える、
クリエイティブする
企業戦略に基づいた広告をクリエイティブし、その成果物を各種の広告賞コンテストへ応募。企業へのプレゼンテーションも視野に入れる。弦間一雄
個人と個人、
個人と集団の関係を
考える
-集団精神療法の
視点から-
個人は自覚しているよりも他者や自分が属する集団の影響を受けている。個人が他者のニーズと関わり合いつつ、かつ自分の情緒的ニーズに向き合い自分自身であり続けられる集団とはいかなるものかについて、集団精神療法の理論や技法を学ぶことを通して考察する。参加者は集団の中での自分自身についても熟考する機会として頂きたい。古賀恵里子
消費における
「センス」とは何か
我々が日々身近なところで感じている消費における「センス(判断力)」に着目し、さまざまな商品の消費選択を社会心理学的な観点から探求することによって、情報収集力、調査分析力、考察力、伝達力などの社会に出てからも役立つ基盤的な力を身につけることを目的とする。小松亜紀子
心理学関連の卒業論文の研究と、自分の生き方をより幸せなものにするための演習本ゼミの大きな目的は以下の二つである。①卒業論文のための研究(卒業論文の内容は参加者の関心あるものであれば何でも可。3年生の秋には本学でおこなわれる「奨学生論文」に投稿する)。②より幸せに楽しく生きられる自分になるための演習。あなたのやる気さえあれば、充実した良いゼミになるだろう。古宮昇
メディアのトレンドを探索するこのゼミでは特にメディア社会に焦点を当て、そのしくみを理解していくことを目指す。また、将来的にマスメディアの仕事に興味がある学生のために、基本的な情報収集法や文章法などについても学び、実際に取材の実習や、雑誌制作、さらには各種メディアの入社試験の訓練を実施。城達也
リハビリテーションを学び、健康づくりに向けた
さまざまな支援を考える
リハビリテーションとは、障害を負う個人が主体的に生きていくことを統合的に支援することである。専門演習では、①障害が生じる背景、②障害がその個人のLIFE(生命・生活・人生)に及ぼす影響、③その個人が健康的で自分らしく生きていくために必要な支援、以上3点について議論を深め、皆さんと探究したいと考えている。髙井逸史
スポーツで“まち”を元気にするマーケティングテーマは毎年異なるが、総合型地域スポーツクラブやプロスポーツといった“スポーツ現場”に出向き、調査(インタビューorアンケート)を行う。スポーツの持つコミュニティを活用して、地域課題を解決することはできないか?スポーツが社会にできることは何か?を実践的に考えるゼミを目指している。田島良輝
人間科学研究この世に生まれ、生き、死にゆく人間存在は、究極的には孤独である。しかし、その孤独を見つめ直せば、あらゆる他の存在と関係性を持つことがわかる。卒業研究では、学生諸君が今最も切実に感じているその関係性を探求してもらいたい。谷行博
市民として
生きるということ
将来の卒論作成に向けて、自分が何に関心があるのか、何を知りたいと思っているのか、それをはっきりさせるために、①本をたくさん読むこと、②ニュースを見ること、③他のゼミ生の話に耳を傾けること、といった習慣を身につけてほしい。土居充夫
人間らしくともに生きる
―共生の倫理を考える
現在、我々は遺伝子操作など生殖と誕生をめぐる問題から、ジェンダーなど性をめぐる問題、異質な他者との暴力・差別など生をめぐる問題、殺人・安楽死など死をめぐる問題まで、さまざまな課題に直面している。本ゼミでは、人々の生きる場に即しながら「人間らしくともに生きる」ことの具体像と可能性、その実現条件について考えたい。平等文博
スポーツコーチングスポーツコーチとして必要な基礎知識を学ぶとともに、自分が行っている各種競技スポーツの戦術・戦略や技術、指導法について研究していく。福井孝明
対人コミュニケーションと対人関係の社会心理学人と人はなぜ関わり合い、どのようにして関係を展開させていくのだろうか。本ゼミでは、主に社会心理学の立場から、対人コミュニケーションや対人関係に関する研究を行う。実験や観察、調査、アーカイブ・データの二次分析などを幅広く採用し、統計解析によって仮説を検証。理論的な理解と実践的な応用のための知を追及したい。藤原健
産業・組織心理学と
社会心理学の研究
本ゼミの卒業論文のテーマは、産業・組織心理学と社会心理学の領域のものであれば何でも良く、日常生活や社会、組織において経験する事柄に対する素朴な問題意識そのものが対象となる。各自の興味・関心を追求し、それを仮説として設定。実際のデータを心理学的な方法で収集し、統計分析によってその妥当性を検証することを目指す。松田幸弘
心理学的な人間理解に
ついて学ぶ
自分の心理学的な興味関心に基づいてテーマを決めて追究。調査、面接、観察などによって資料を収集し、その成果をまとめる。専門演習Iは、心理学の研究方法や論文の書き方、文献の読み込み、およびその発表。専門演習IIは、研究計画を立ててプレ卒論をまとめる。卒業研究では、本格的に資料収集を行い卒業論文として完成させる。村山満明
スポーツ学・
トレーニング科学の
学びと実践
スポーツ学・トレーニング科学の中でも、スポーツ運動学・バイオメカニクス、さらにはスポーツ生理学を用いて、スポーツパフォーマンスの評価、さらには健康づくりとしての体力の評価を行い、トレーニングや運動処方の方法について研究、さらにはそれらの研究手法を活用し、トレーニングマシンやスポーツウェアの試作・開発を試み、これらを卒業論文として取り組む。若吉浩二