学部/大学院・教育内容

演習科目一覧

ゼミ紹介

テーマ内容担当教員
ビジネスモデル分析:
創業体験で学ぶ、
もうけの仕組み
大樟祭における店舗経営を通じて、ビジネスモデルとマネジメントを学ぶ。また、実際に企業を訪問して企業経営の実務を調査。「現場」から学ぶ行動型ゼミ。浅田拓史
社会情報と3D技術情報を扱うには「機器を扱い運用する技術・能力」「課題を合理的に解決する技術・能力」「問題を把握し仮説を設定して解決する技術・能力」を身につける必要がある。本ゼミでは、明日を担う先端技術と実践的な能力を身につける。家本修
中小・ベンチャー“起業”論-中小企業論をこえて-21世紀型ビジネスを創造するビジネスリーダーの育成が目標。21世紀はチャレンジ精神や機動性に富むベンチャー型企業の時代。新規ビジネスの「起業」をテーマにゼミを提供する。会社やNPOの仕組み、融資、株式公開の意味など、必要な知識のエッセンスを伝えていく。伊藤博志
日本・ヨーロッパ比較文化日本とヨーロッパは長い交流の歴史を持ち、EUを創設後は「日本とEU」としての交流も進展。本ゼミでは、ヨーロッパ各国およびEUと日本の文化的比較を行い、類似点や相違点を考察し、両文化への視野を広げることを目指す。岩佐托朗
コンピュータゲームの
設計・制作
ゲームソフトの設計・制作は、コンピュータに対する高い知識と技術が要求されることから、高度のコンピュータエンジニアへのひとつの道と成り得る。各自の希望とゲームジャンルを選び、設計・制作に取り組んでほしい。太田幸一
改めて、
家族について考える
家族の持つ意味や形は、時代や社会によって大きく異なる。ある程度の年齢になれば結婚するのが「普通」?結婚後は子どもを産むのが「当然」?子どもが小さいのに母親が働くのは「可哀想」?こうした疑問を改めて考える。大瀧友織
画像処理と
シミュレーション
マルチメディアを使った写真加工とデザイン、及びカラーマッチングのシミュレーションがテーマ。目的や環境によって色彩の傾向が決まっているのは何故?配色・デザインによって売上や意欲がアップするのは何故?そんな疑問を追求し、実社会で必須となる企画・プレゼンテーション能力に「技術力」を加える。大津博子
ビジネスプログラミング企業活動を例に情報システムを設計し、そのシステムをVisual Basic.NET, Javaなどのプログラミング言語とデータベースを用いて実現。情報産業で活躍できる基礎能力を育成する。また、情報処理技術者試験の合格をサポート。小川正史
「人間」と「教育」に
ついて考える
本ゼミでは、「人間」「子ども」「教師」「学校」「授業」「子育て」などをキーワードに、主に教育について学び、考えていく。これから教師を目指す学生はもちろん、これらのキーワードに関心のある学生は誰でも歓迎。教師も含めどのような職業にも必要な「実際に人とつながり、人をつなげる力」を育成することも目標とする。柏木正
イギリスの文化と
社会を考える
さまざまな民族が混ざり合うイギリス。伝統や言語、自然観など文化の特質を文学や映像を通して多面的に捉えながら、イギリスの歴史と社会が抱える問題を考える。また、そこから日本の文化への相対的な理解も深めたい。片山麻美子
企業の財務行動と資本市場の関係に関する分析企業活動のうち財務の側面に焦点を当て、資本市場と財務活動の関係を「実証的な方法」によって考える。統計学・計量経済学で開発された手法を学び、企業の動きを分析する能力を開発して、財務問題に鋭く切り込むことが目標。加藤千雄
データマップ:
地図を通して現代社会を見てみよう!
情報処理に関する正しい知識・理解・技術力の習得に加えて、ICT活用能力と問題発見~解決能力の向上を目指すことが目標。ネット上に公開されている地図と情報を活用すれば、自分が住む街や日本・世界の様子を現在から過去に至るまで客観的に認識できる上、新たな発見も得られる。草薙信照
企業情報を読む次の2つがゼミの目標。①日本商工会議所簿記検定試験3・2級に合格②その知識とパソコンで、企業情報の収集と分析する能力を修得(企業情報の収集と分析方法を学び、事例の比較分析の後、就職を希望する企業の分析に移る)小谷融
経営分析/財務分析「企業の行っているさまざまな戦略が、業績にどのような影響を与えているのか」などの議論を通して、課題発見・解決能力を高めることが目的。ビジネスの現場では財務諸表をはじめ多くの数字が使われており、課題解決には統計的な手法が有効な場合も多い。したがって、パソコンを利用してデータを統計的に処理する方法も、時間をかけて習得することを目指す。清水一
財務諸表を理解するビジネスシーンでは、営業利益、経常利益、資本金など財務諸表上の用語は、経理だけでなく、営業、企画などの職種でも目にすることが多い。そこで、企業の財政状態、経営成績を表す財務諸表を実際に分析して、企業の経済活動を数字の側面から検討していくことで、働く上でのスキルを身につけてもらいたい。杉田武志
モノから社会をとらえる各自がなにかひとつのモノにこだわってみる。独自の調査に基づいて「モノと社会の論理」を明らかにすることにより、社会をとらえなおしてみたい。高松亨
最新のICT
(情報通信技術)の
ビジネスへの利用
情報社会が求める人材育成のために、社会や企業の課題を発見し、最新のICTを用いて解決する能力をつけることが目標。演習Ⅰ・Ⅱではビジネスプラン コンテストを通じて「課題発見能力」「課題解決能力」「提案力」「文章力」を育成。演習Ⅲ・卒業研究では,第三者とつながりを持つ機会を設け、生きた知識を身に付ける。中村健二
生活の中の数理卵はなぜ卵形なのか。人の指はなぜ5本なのか。普段見過ごしているものの中に、面白い数理がひそむ。本ゼミは、情報を調べるだけでなく、体験し理解することに主眼を置く。ブーメランやパズルを作り、背景にひそむ数理を探求する。西山豊
“脳・からだ”からみる
情報社会
昨今の計測技術の進歩は著しい。Apple Watchに代表されるようなウェアラブルセンシングが一般消費者にも利用可能な時代になった。脳波も容易に計測できる時代である。これら生体計測データの解析を通して人の不思議に迫る、あるいは計測データを応用したアプリケーション開発を目指す。野村国彦
消費社会の探究私たちの消費生活と、企業のマーケティング活動は深く関わっている。受講者が自分自身と自分の身の回りにある商品・サービスとの関係、そして企業のマーケティング活動を手がかりに消費社会を捉えなおす観察力と認識力を身につけることが、本ゼミの目標である。藤本寿良
経営理論と立地論経営学と立地論に関わる数理的手法の基礎を学び、さらに専門書・文献を読破し基礎的能力を養成。マネジメント・経営管理、立地論の中でテーマを設定し、確率論、微積なども用いて、考察・分析を行っていく。藤本義治
ネット社会・
ビジネス分野の
データサイエンス
コンピュータによる統計・データ解析、プログラミングを学び、実際に手を動かし、データ分析の知識・スキルを身につける。卒業研究では、ネット社会や経済、ビジネスの分野におけるデータ分析やシミュレーションに挑戦する。経験や勘ではなく、データに基づく意思決定や問題解決を行えるようにする。細井真人
地球温暖化と
エネルギー問題
地球温暖化への懸念が高まる中、日本は東日本大震災以後、原発への依存を大幅に削減し、CO2の削減は進んでいない。原発には事故のリスクや燃料の廃棄など大きな問題を含んでいるが、震災以前はCO2削減の重要な柱であった。多様な視点からエネルギー問題を考える。宮武記章
公共圏/メディア/
私たち
現代社会ではメディアが多元・多様に存在する。その情報は多様化していく一方で、場合によっては画一化の様相さえ呈している。本ゼミでは、私たちの価値観や規範認識などに大きな影響力をもつメディアについて、理論から実態調査、さらには実践の実態まで踏まえて考えていく。林怡蓉