社会連携

実施概要

実施概要

詳しくは募集要項をご覧ください。

目的

中小企業の経営指導および発展を通じて、大阪ならびに関西経済の活性化を目指すことを目的とする。

応募資格

以下の条件を満たす方

1)中小企業診断士第1次試験合格者のうち以下の方
    ①2018年度および2017年度の第1次試験合格者
    ②2000年度以前の合格者
(2)高等学校を卒業した者、もしくは大学入学資格を有する者
(3)心身ともに健全で1年間の研修を受講し得ると判断できる者
(4)パソコン操作の基礎知識(文書作成・表計算・プレゼンテーションの各ソフトを使いデータの並べ替え・グラフ化等の基本操作が行える)を有し、開講時にノートパソコンを持参できる者
(5)本登録養成課程修了後は中小企業診断士の知識・経験・スキルを中小企業の経営支援や地域経済の発展に積極的に役立てたい者・中小企業診断士の資格取得自体が目的ではない者

◆ 応募条件に関する留意点 ◆
第1次試験の一部の「科目合格」では応募条件は満たしておりません。
第1次試験の「試験合格者」のみが対象者となります。

募集定員

18

受講料

入学金  200,000
授業料  1,800,000

◆ 実施に伴う経費 ◆
実習に係る資料収集費、交通費等について、受講者各自で負担していただきます。訪問先実習企業の場所にもよりますが、別途数万円程度かかる場合もあります。

受講期間

2019216日(土)~2020年2月8日(土)

申し込み方法

応募書類

※①~④は本学のWebサイトからダウンロードした電子データに直接入力して各1部作成して下さい。
手書きの書類は失格とします。

①受講申込書(履歴書)
身上書
審査資料(小論文)
受付票・写真票(写真貼付)・返信用ラベル
1次試験合格書のコピー
受講検定料を振り込んだことを証する書面

受付手数料の納入

①受講検定料5,000円を先にお振込みいただいた後、応募書類を受付期間内に送付して下さい。
②専用の振込用紙はありません。各銀行に備え付けの振込依頼書、ATM等をご利用ください。
③振込依頼書の控えまたは、振込金額・日時・振込先が記載された利用明細書等のコピー(サイズはA4版)を応募書類としてご提出いただきます。
④必ず電信振込指定でお願いします。
(文書振込はお使いいただけません)
⑤その他
 納付された受講検定料はやむを得ず受講を取りやめる場合でも返却できません。

◆ 受講検定料の振込名義人に関する留意点 ◆
・本人名を振込名義にしてください。

応募書類の送付

①送付先
〒533-8533 大阪市東淀川区大隅2-2-8中小企業診断士養成課 tel 06-6328-2431(代)
②封筒
・角2サイズ(240mm×332mm)の封筒へ書類を折り曲げずに封入して下さい。
・封筒の表左隅に、中小企業診断士登録養成課程申込書類在中と朱書きしてください。

受付期間

 2018年11月1日(木)~12月9日(日) 必着
※受付期間を過ぎて到着した書類は無効となります。

選考方法

◎書類審査
応募の際に下記テーマに基づき作成した小論文を提出していただきます。
提出された小論文は、当課程の実施目的や書類審査基準に基づいて評価・選考を行い、面接予定者を決定いたします。

********************************
テーマ
中小企業診断士としてどのように中小企業の発展や地域経済の活性化に貢献するのかについて、
現代の中小企業が抱える課題に触れつつ1,200字程度で述べてください。
********************************


◎面接審査
面接予定者を対象に、面接審査を実施し、その結果を受講判定委員会において審査し、面接合格者(受講決定者)を決定します。

*************
面接審査実施日
2018年12月15日(土)
*************
※面接審査の会場は大隅キャンパスを予定しております。

合格発表

2018年12月20日(木)10:00

受講決定通知書は合否いずれの場合も合格発表当日に、受講申込書に記載されている本人現住所へ速達便で発送します。地域によって到着が異なることがありますので、ご了承ください。また、本学Webサイトに合格者の受付番号を発表します。

合格者はこちら (準備中)

大学内での掲示は行いません。また合否に関する電話での問い合わせには一切応じません。