社会連携

アスリート講演会

実施報告(2018年度)

アスリート講演会は主に体育会クラブに所属する学生を対象に、クラブ活動を行うにあたっての人間的教育を目的として開催しています。4回目の開催となる今年は『勝負を分けるたった一瞬のために~継続する大切さ、準備する大切さ~』をテーマに、元プロ野球選手(読売ジャイアンツ)の鈴木尚広氏を講師にお迎えし開催いたしました。

鈴木氏は自己紹介の後、ジャイアンツの選手として見たタイガースファンのエピソードをいくつか話され、タイガースファンの多い本会場をホームのように沸かせた後、『準備』『積み重ね』『自分軸』という3点を中心にお話しいただきました。
『準備』の部分では高校時代の話も交えながら、チャンスは平等に来るが、確実に掴むためには一生懸命の努力が必要であると説明。その努力自体も無我夢中で行っている努力こそ本当の努力であり、先を予測して自分にあった準備をすることが重要であると述べられました。
『積み重ね』の部分では、周りを変えるためには、まず自分が変わらなければならないとし、現状維持ではなく、常に努力し、成長し続けることが信頼関係を得ることにつながり、準備も含んだ1日1日の時間の過ごし方が大切であると強調されました。

『自分軸』の部分では、集中力を高める方法と不安感、緊張感との付き合い方について、同じ準備(ルーティーン)を繰り返すことで、自身が集中できる状態になっていき、メンタルも安定していくと具体的な方法を紹介。ジャイアンツ時代の経験を交えて、誰にも負けない自分の強みとチームの強みをしっかりと理解することが大切だとお教えいただきました。
最後に、一人一人が大阪経済大学の看板を背負っているという意識、自覚を持つことが大学の評価を上げることにつながっていくこと、そして、アスリートとして最も大切なことは『人間性』であると参加者した学生に力強く語りかけていただき、大盛況のうちに終了いたしました。

【日 時】2018年6月21日(木)18時~19時30分
【会 場】D10教室
【講 師】鈴木 尚広 氏(元プロ野球選手:読売ジャイアンツ)
【テーマ】勝負を分けるたった一瞬のために~継続する大切さ、準備する大切さ~
【参加者】379名