ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
104/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている104ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

し、くわえてブランドや特許などの知的財産、日常取引における債権・債務、企業再生に関わる法的知識・能力とキャリアなどを修得することです。すなわち、企業コンサルティングに求められるマネジメント能力と法的能力の両方を、少人数教育、双方向型授業、実践・実務型授業を通じて学びます。その意味で、「自分を変えたい学生、変わりたい学生」は本コースに挑戦してください。経営学部2.税法会計コース税法会計コースは、企業内で経理、会計、総務などを担当するスタッフをはじめ税理士、公認会計士等の専門職および大学院経営学研究科をめざす学生のみなさんのために設けられています。企業活動や資金調達のグローバル化が進み、企業の公表する決算書も国際的な投資家の目にさらされることになっているビジネス社会において、企業情報開示のグローバル化が必要となっています。こうしたIR(Investor Relations)として公表される財務情報の基本となる会計基準の国際化が世界的に重要なテーマになっています。こうした状況をみすえながら、企業の財務・税務に関してのアドバイスや書類作成をしているのが公認会計士や税理士なのです。経営学部では、将来、特にこうした企業に対応する専門家としてめざしたいという学生のために「税法会計コース」があるのです。なお、このコースは、税理士や公認会計士をめざす方ばかりでなく、企業での経理、会計、総務などの専門職をめざす人も歓迎しております。こうしたコースを修了した後に専門職として職を得ることも一つの方法ですが、他方で大阪経済大学「大学院・経営学研究科」に進むことももう一つの選択肢です。履修方法についてスペシャリストコースを選択し卒業するためには、下表のように「全学共通科目(1)」から24単位以上、「学科専攻科目」から100単位以上、合計124単位以上修得しなければなりません。コンサルティングコース授業科目全学共通科目(1)学部基礎科目学科専攻科目学科専門科目卒業必要単位数卒業必要単位24単位以上12単位以上88単位以上124単位以上税法会計コース授業科目全学共通科目(1)学部基礎科目学科専攻科目学科専門科目卒業必要単位数卒業必要単位24単位以上10単位以上90単位以上124単位以上B-18