ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
116/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている116ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

履修方法について経営学部1.6つの科目群について①学科基礎科目学科基礎科目は、「経営・法学の基礎を学ぶ」、「さまざまな市民としての基礎能力の読み書きを学ぶ」、そして「自分と自分の将来を考える」科目群です。最初に学ぶべき基礎的な科目を配置していますので、1年次は学科基礎科目を中心に学ぶことをおすすめします。学びの動機を形成します。経営学入門、法学入門、リテラシー(言語系・情報系などの)科目、会計基礎論、キャリアデザインなどの科目からなります。②学科基幹科目「経営学」と「ビジネス法」の基礎を理解するには、学科基幹科目をじっくり学ぶことをお勧めします。これらの科目は、経営学とビジネス法のポータルサイトであり、学ぶにつれて、会社と企業社会が少しずつわかるようになります。ビジネス理論の基礎を学ぼうという方は、ここからはじめてみましょう。経営学、企業論、中小企業論、経営管理論、経営組織論、商業簿記、民法総論、会社法などの科目からなります。③経営コース科目経営コース科目は、経営学の素養を前提とした「経営の理論と実務」を学ぶ科目です。経営学の専門を学ぶこと、自ら事業を起こすことや家業を継ぐことに関心のある人はここが主戦場です。経営戦略論、国際経営論、流通システム論、国際会計論、ビジネスプランニング、ベンチャービジネス論などの科目からなります。④ビジネス法コース科目ビジネス法コース科目の担当者は、教員以外にも弁護士、不動産鑑定士、企業の法務専門家などが担当する実践的科目群です。法と制度がますます身近に、また大切になりつつあるビジネス社会に対応した科目で、複雑さを増す企業社会の仕組みと構造を基本から身につけましょう。行政法、不動産法、企業取引法、経済法、雇用関係法、税法、中小企業法や知的財産法などの多様なビジネス法分野の専門科目からなっています。⑤サービスマネジメントコース科目サービス産業の現場を統括できる人材、ないしはそこを管理できる人材を育成することを目標に、科目を配したのがサービスマネジメントコース科目です。主に飲食業、宿泊業を念頭に置いた科目を中心に、広くサービスパーソンをサポートします。フードサービス論、ホテルマネジメント論、ホスピタリティ論といった各分野の関連科目や、OA関連、販売士検定試験対策などの資格対策の講義も含みます。⑥キャリアサポート科目キャリアサポート科目は、各種の資格取得と「職業」を支援する科目です。また、大学教育と資格そして職業をつなぐ科目群でもあります。通常授業のほかに実習型、集中授業型など多様な開講形式を採用しています。その他、タイムリーにキャリアサポート特殊講義も組まれています。B-30