ブックタイトル2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

ページ
75/244

このページは 2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている75ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2017履修のてびき|2017年度入学生用|大阪経済大学

履修方法について経済学部の学科専攻科目の卒業必要単位は100単位で、その内訳は下表の通りです。以下、本冊子巻末の「経済学部経済学科・地域政策学科授業科目年次配当表」により(A)学部基幹科目、(B)コース科目、(C)選択科目、(D)演習科目の区分に分けて履修方法の要点を説明します。学科専攻科目の卒業必要単位経済学部(A)から(D)の科目区分ごとに定められた卒業必要単位を満たすように授業科目を履修していく必要があります。なお、学科専攻科目の授業科目には半期2単位、半期4単位、通年4単位の科目があります。1.半期2単位科目……1週間に1回授業が行われる半期完結科目です2.半期4単位科目……1週間に2回授業が行われる半期完結科目です3.通年4単位科目……1週間に1回授業が行われる通年完結科目です【卒業必要単位】科目区分学部基幹科目(A区分)コース科目(B区分)選択科目(C区分)演習科目(D区分)科目マクロ経済学(基礎)?ミクロ経済学(基礎)丨(a)経済理論(基礎) ?3科目6単位以上情報処理入門丨情報処理基礎?(b)別表に定める科目(a)各コースに共通する科目(8単位以上)所属するコースのコースコア科目(地域経済とまちづくりコースは、「ボランティア論」「海外実習」「地域・社会調査」から1科目2単位以上修得しなければならない)(b) (グローバル・コミュニケーションコースは、「国際関係論」「アジア経済論」「中国経済論」「アメリカ経済論」「ヨーロッパ経済論」「国際貿易論」「国際政治学」「国際政治学特論」から4単位以上修得しなければならない。)(a)他コースのコースコア科目(B区分)(b)(c)・別表に定める科目・(A)(B)区分の剰余の単位・全学共通科目(2)で修得した単位(最大28単位、うちキャリア科目は4単位まで)教養関連科目演習を修得できない場合は、(B)(C)区分で代替すること卒業必要単位14単位32単位40単位14単位①学部基幹科目(A区分)(A-a)区分の学部基幹科目はクラス指定している科目、(A-b)区分は履修することが望ましい科目です。卒業に必要な単位数は、(A-a)区分から6単位以上、(A-b)区分を含めて(A)区分全体で14単位以上です。14単位を超えて修得した単位は、(C)区分に振り替えることができます。1)(A-a)区分マクロ経済学(基礎)、ミクロ経済学(基礎)、経済理論(基礎)、情報処理入門、情報処理基礎は、1年次にクラス指定している科目です。時間割表の指定を確認してください。E-17