就職情報

No.5 「業界セミナー」を日替わり開催。4回生がアドバイザーとして3回生の就職支援

No.5 「業界セミナー」を日替わり開催。4回生が「学生アドバイザー」として3回生の就職支援

17業界100社が来校するセミナー開催。幅広い業界へ目を向けるきっかけを作ります

就職活動スタートを前にした3回生は、自身の長所や特性などを見つめ直し、多様な業界・職種働き方などの研究を行っています。学生達が身近に感じがちな広告などで目にする企業だけでなく、多くの業界に目を向け、様々な業種・企業が社会に貢献していることを知ることが大切です。そこで大阪経済大学では、業界別に深く研究ができるセミナーを企画しました。
今年は17業界100社以上の企業を本学に誘致し、日替わりでブース形式のセミナーを開催します。「住宅」「家電」「食品」「飲食業」「衣料」「金属」「精密機械」「情報」「観光」「マスコミ」「ブライダル」「衣料」「自動車」「スポーツ」「公務員」「インフラ」「建築」といった様々な業界から多くの企業が来学。大手有名企業から優良中小中堅企業まで、普段は学生たちが触れることのないB to B企業にもお越しいただき、業界の内側やその企業での働き方などについて、各回40分のブース形式で説明を受け、質疑応答などを行います。

就職内定獲得の4回生が実体験をもとに後輩へアドバイスを行う「学生アドバイザー」で支援

短期決戦化する就職活動のスタートを前に、不安やとまどいを感じる学生も少なくありません。大阪経済大学の就職課スタッフは、マンツーマンで就活のアドバイスに当たる個人面談を年間1万件規模で行っていますが、学生のリアルな就活体験を次年度の活動に生かしていくことも重要と考え、就職が内定した4回生から、期間限定の「学生アドバイザー」を募っています。
今年は、20名の4回生がボランティアで参加し、就職活動をはじめる3回生に対して自身のリアルな就活体験をもとにした個別相談をまで行います。