日本経済史研究所

吉田 建一郎(経済学部准教授)

吉田建一郎所長

専門分野:東アジア近現代史
研究課題:近代中国の畜産・茶貿易と日本との関係
最終学歴:慶應義塾大学大学院 文学研究科史学専攻博士課程(東洋史学)
取得学位:博士(史学)

共著

『中国企業史研究の成果と課題』
(中国企業史研究会編、汲古書院、2007年)

論文

「20世紀中葉の中国東北地域における豚の品種改良について」
(村上衛編『近現代中国における社会経済制度の再編』京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター、83-99頁、2016年)

「興亜院華北連絡部『北支那緬羊調査報告』について」
(『史学』85巻1・2・3号、245-259頁、2015年)

「向井龍造と満蒙殖産の骨粉製造、1909-31年」
(富澤芳亜・久保亨・萩原充編著『近代中国を生きた日系企業』大阪大学出版会、223-244頁、2011年)

「第一次大戦前後の青島における獣骨と骨粉の輸出について」
(山本英史編『近代中国の地域像』山川出版社、61-86頁、2011年)

「中華皮革廠―上海製革業のリーディングカンパニー―、1920-1932年」
(『史潮』新70号、23-37頁、2011年)

「20世紀前期の上海における日系製革企業―江南製革と中華皮革―」
(『史学』79巻1・2号、33-53頁、2010年)

「19世紀末-1930年代初期の上海における製革業」
(金丸裕一編『近代中国と企業・文化・国家』ゆまに書房、187-211頁、2009年)

「『中支那経済年報』という謎-戦時中国に関する日本語史料の一側面-」
(『立命館経済学』57巻3号、28-43頁、2008年、※金丸裕一氏と共著)

「占領期前後における山東タマゴの対外輸出」
(本庄比佐子編『日本の青島占領と山東の社会経済1914-22年』財団法人東洋文庫、297-324頁、2006年)

「邦文特殊経済雑誌と中国近代史研究-『養鶏』(1929~1941年)の場合-」
(『社会システム研究(立命館大学)』11号、101-119頁、2005年)

「戦間期中国における鶏卵・鶏卵加工品輸出と養鶏業」
(『東洋学報』86巻4号、31-62頁、2005年)

その他

「『青島実業協会月報』『青島商業会議所月報』『経済週報』の記事目録」
(本庄比佐子編『戦前期華北実態調査の目録と解題』財団法人東洋文庫、131-207頁、2009年)

「2007年の歴史学界―回顧と展望―東アジア(中国・現代)」
(『史学雑誌』117編5号、239-246頁、2008年)

最近の動向

昨年の主な活動は次の3点です。
(1)20世紀中葉の中国東北部における豚の品種改良の実態について論稿を発表。
(2)日中戦争期に、日本が華北の綿羊を主題に作成した調査資料から読み取れることについて、論稿を作成。
(3)科研費を活用して、1920・30年代の中国と日本の茶貿易に関する史資料を収集。

今年度は、特に次の2点に重点を置いて研究に取り組む予定です。
(1)上記(2)の論稿を完成させる。
(2)上記(3)の史資料の分析を進め、実態の解明が十分とはいえない1920・30年代における日ソ茶貿易の展開や、中国の茶貿易と世界全体の茶貿易の動向との関係について論稿の作成を進める。

(2017年5月)