ブックタイトル2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

ページ
181/200

このページは 2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている181ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

人間科学部人間科学科履修規程第1章総則第1条本規程は学則第10条および第13条に基づき人間科学部人間科学科の学生の授業科目履修に関する事項を定める。第2条授業科目の履修は、学則第8条から第19条までの規程およびこの履修規程によらなければならない。2.履修規程は、原則として入学年次のものを適用する。第2章授業科目の履修および卒業論文(卒業に必要な単位数)第3条卒業に必要な単位数は、学則第14条(6)に基づき、全学共通科目(1)を24単位以上、および全学共通科目(2)と人間科学部人間科学科の学科専攻科目から100単位以上、合計124単位以上とする。(授業科目)第4条全学共通科目(1)は、学則第9条第2項に定める授業科目の中から履修しなければならない(別表1-1参照)。2.外国語科目は、英語、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、朝鮮語の中から1ないし2か国語にわたって履修し、1か国語選択は外国語Ⅰ~Ⅳ、2か国語選択は別にそれぞれ外国語Ⅰ・Ⅱの4科目8単位を修得しなければならない。なお学部国際留学生の外国語科目は日本語とし、日本語Ⅰ~Ⅳ4科目8単位を修得しなければならない。3.外国語科目の配当年次は別表1-1の通りとする。ただし、英語、日本語以外の外国語の配当年次は1~4年次とする。4.全学共通科目(1)の広域科目は、4科目8単位以上を修得しなければならない。ただし①思想と文化、②歴史と社会、③健康とスポーツ、④自然と生活の各分野から1科目2単位以上を修得しなければならない。5.全学共通科目(1)において、この他の8単位は外国語科目あるいは広域科目のいずれにおいても履修することができる。6.全学共通科目(1)から12科目24単位を超えて修得した単位は、28単位まで全学共通科目(2)の単位に振り替えることができる。7.外国語科目の履修変更は次の定めによる。(1)当該外国語科目の単位未修得の場合に限り、変更を認める。(2)変更を認められた年次の受講は、外国語Ⅰ・Ⅱに限る。なお変更によって履修する外国語科目2か国語が同一になってはならない。第5条全学共通科目(2)の[オープン科目]は、学則第9条第3項に定める授業科目の中から履修することができる(別表1-2参照)。2.全学共通科目(2)は、各学部が定めた配当年次に履修することができる。3.全学共通科目(2)で修得した単位は、28単位まで別表2に定めた学科専攻科目(C)区分の単位に振り替えることができる。ただし、キャリア科目は4単位を上限とする。第6条学科専攻科目は、学則第10条第3項(7)に定める授業科目の中から修得しなければならない。2.履修コースは、現代心理学、メディア社会、スポーツ健康の3コースとし、各コースの授業科目並びに卒業必要単位数は別表2に定める。また、上記3コースに所属しつつ、2年次以降各学期講義開始日までに学際履修プログラムを申請することができる。その場合の授業科目並びに卒業必要単位数は別表2に定める。3.別表2に定める所属コース(B-1)専門実習科目の単位を修得できなかった場合は、所属コースの(B-2)区分の修得単位で、代替することができる。4.履修コースの変更は春学期のみとし、講義開始日までに教務部で手続きを行わなければならない。また、学際履修プログラムの変更は、各学期の講義開始日までに教務部で手続きを行わなければならない。5.演習科目を修得しない場合は、次の定めによる。( 1 )人間科学基礎演習Ⅰ、人間科学基礎演習Ⅱを修得しない場合は、学科専攻科目の選択科目(B)(C)の修得単位で代替することができる。120