ブックタイトル2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

ページ
33/200

このページは 2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学 の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2016履修のてびき|2016年度入学生用|大阪経済大学

学籍異動(休学・復学・復籍・退学・再入学・転学部・転学科・転部)以下の学籍異動を希望する場合には、所定の用紙に事由を明記し、保証人連署の上、願い出て許可を得なければなりません。なお、手続きは原則、学生本人が窓口で行ってください。郵送での提出はできません。休学について病気、その他やむを得ない事由により、休学しようとする場合は、「休学願」(教務部にて配布)にその事由を明記し、保証人連署の上、教務部に提出し、許可を得なければなりません。●休学期間および休学中の学費等について春学期、秋学期または1年間(2学期)休学する場合は次のとおりです。休学期間期学春期学秋間年1休学願提出期限春学期の学費納付期限(4月末日)秋学期の学費納付期限(10月末日)休学を開始する学期の学費納付期限!①学費納付期限が休日の場合は、その翌日までに「休学願」を提出してください。②休学中の学費は免除されますが在籍料が必要です。③休学願の配布ならびに申請は、休学を希望する前学期の講義終了日より行います。④1年次春学期の休学は認められません。■在籍料(1セメスター当り)所属学部経済学部、経営学部第1部、情報社会学部人間科学部経営学部第2部60,000円30,000円金額●在学期間について休学した学期は在学期間に含みません。卒業には4年以上在学し、所定の単位を修得する必要がありますので、在学期間が4年未満の場合は休学した期間分卒業が延期となります。●休学期間終了前の手続きについて休学期間終了前(春学期は8月初旬、秋学期は2月初旬)に、休学期間後の復学について保証人宛に「復学手続き等の案内」を送付します。ただし、学費負担者が学生本人の場合は、本人宛に送付します。●休学を延長する場合許可された休学期間を超えて引き続き休学を願い出る場合は、再度「休学願」を提出し、許可を得なければなりません。復学手続き等の案内に同封の「休学願」を、所定の期日までに教務部へ提出してください。休学期間は連続して4学期2年以内、通算して8学期(4年)以内です。!①休学を延長する場合の「所定の期日」は、下記の復学願手続期間と同一です。②休学期間中も学年は進みます。復学について休学者が復学しようとする場合は、「復学願」を提出し、許可を得なければなりません。期学るす望希を学復期学春期学秋間期続手日01月3~日1月3の中日01月9~日1月9の中31