専攻科目一覧

カリキュラム紹介

情報社会学部 情報社会学科

*1…英語、中国語、朝鮮語、ドイツ語、フランス語、スペイン語から1か国語もしくは2か国語を選択。
   ①1か国語選択の場合→○○語を2年次まで履修する。
   ②2か国語選択の場合→○○語・△△語を1年次の間に履修する。

1年次
2年次
3年次
4年次
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
全学共通科目
外国語科目*1○○語Ⅰ・△△語Ⅰ○○語Ⅱ・△△語Ⅱ○○語Ⅲ○○語Ⅳ
広域科目①思想と文化 ②歴史と社会 ③健康とスポーツ ④自然と生活 ⑤データサイエンスと数理 ⑥キャリア形成科目
⑦共通特殊講義
オープン科目経済学部科目 経営学部科目 人間科学部科目 グローバル科目
学科専攻科目
基幹科目基礎社会学/社会調査の読み方Ⅰ/企業分析の基礎/経営学基礎/現代社会とコンピュータ/情報リテラシー
コース導入科目
①社会
メディア・コミュニケーション論/社会調査論Ⅰ
国際社会論/社会的ネットワーク論
②経営・経済
基礎経済学/企業経営論/簿記論(初級)Ⅰ
経営・経済基礎論
③情報
プレゼンテーション技法/現代社会と人工知能/プログラミング思考入門
基本情報システム論/情報ネットワーク論
コース科目
①現代社会
コース
社会調査論Ⅱ/消費者行動論/メディア社会論/ソーシャルメディアの社会学/メディアリテラシー論/ボランティア論
アンケート分析法/インタビュー分析法/社会調査ケーススタディ/家族社会学/教育社会学/地域社会学/都市社会学/消費社会論 etc
②経営・経済
コース
英文会計/簿記論(初級)Ⅱ/原価計算論入門/原価計算論/財務会計論/簿記論(中級)
金融機関論/金融リテラシー/経済情報分析/経営戦略演習/経営戦略論/データサイエンス統計学基礎/実践データサイエンス etc
③情報コミュニ
ケーション
コース
スマートフォンアプリ開発基礎/Webデザイン基礎/企業情報システム論/空間情報処理基礎/人工知能技術基礎 etc
選択科目
(C-1)発展科目
情報社会特殊講義
Accounting History/Comparative Civilizations/Financial Accounting/
Global History/プログラミング基礎/プログラミング応用/社会調査の読み方Ⅱ/
データサイエンス統計学応用 etc
財務諸表分析Ⅰ・Ⅱ/社会起業論/地域コミュニティ論/ファンディング・ビジネス論/職業指導
(C-2)
全学共通科目[外国語科目・広域科目]の剰余の単位、
および本学科に配当されていない全学共通科目[オープン科目]の単位。
演習科目情報社会学部基礎演習演習Ⅰ演習Ⅱ・Ⅲ卒業研究

科目一覧

(A-1) 基幹科目

基礎社会学、社会調査の読み方Ⅰ、企業分析の基礎、経営学基礎、現代社会とコンピュータ、情報リテラシー

(A-2)コース導入科目

①社会
メディア・コミュニケーション論、社会調査論Ⅰ、国際社会論、社会的ネットワーク論

②経営・経済
基礎経済学、企業経営論、簿記論(初級)Ⅰ、経営・経済基礎論

③情報
プレゼンテーション技法、現代社会と人工知能、プログラミング思考入門、基本情報システム論、情報ネットワーク論

●超過単位分は、(C)選択科目に振り替えることができる。

(B)コース科目

①現代社会コース
社会調査論Ⅱ、アンケート分析法、インタビュー分析法、社会調査ケーススタディ、家族社会学、教育社会学、地域社会学、都市社会学、消費社会論、消費者行動論、若者論、ポピュラーカルチャー、コミュニケーション論、メディア論、メディア社会論、マスコミュニケーション論、ソーシャルメディアの社会学、メディア制度論、メディアリテラシー論、広告戦略論、広告クリエイティブ論、国際文化論、ヨーロッパ研究、時事国際関係論、観光サービス論、文化人類学、社会福祉論、社会政策、地域文化論、ボランティア論、ジェンダー論、農村政策、地域政策、社会保障論、高齢者福祉論、社会調査演習(アンケート)Ⅰ・Ⅱ、現代社会特殊講義

②経営・経済コース
英文会計、簿記論(初級)Ⅱ、原価計算論入門、原価計算論、財務会計論、簿記論(中級)、金融機関論、金融リテラシー、経済情報分析、経営戦略演習、経営戦略論、データサイエンス統計学基礎、実践データサイエンス、現代社会と労働、国際経営論、国際経済論、国際マーケティング論、コーポレートガバナンス、人的資源管理論、組織論、中小企業論、マーケティング論、ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ、労働経済学、Pythonによるファイナンス、経営・経済特殊講義

③情報コミュニケーションコース
スマートフォンアプリ開発基礎、スマートフォンアプリ開発応用、Webデザイン基礎、Webデザイン応用、企業情報システム論、空間情報処理基礎、空間情報処理応用、ゲーミング基礎、ゲーミング応用、ゲームデザイン基礎、ゲームデザイン応用、戦略的意思決定論、情報システム設計、情報システムの法的保護、情報社会と倫理、サイバー犯罪とセキュリティ、インターネット論、情報と職業、データセキュリティ基礎、人工知能技術基礎、人工知能技術応用、身体情報処理基礎、身体情報処理応用、データサイエンス基礎、データサイエンス応用、データベース論、インタラクションデザイン論、Pythonプログラミング、Pythonとデータベース、スポーツ情報論、メディア産業論、インターネットと著作権、映像メディア論、メディアアート論、情報コミュニケーション特殊講義

(C)選択科目

(C-1) 発展科目
◆Accounting History、◆Comprative Civilizations、◆Financial Accounting、◆Global History、プログラミング基礎、プログラミング応用、社会調査の読み方Ⅱ、データサイエンス統計学応用、経済シミュレーション、コンピュータ統計学、時事金融論、情報科教育法Ⅰ・Ⅱ、認知とデザイン、情報行動論、デジタルマーケティング論、会計と歴史、財務諸表分析Ⅰ・Ⅱ、社会起業論、地域コミュニティ論、ファンディング・ビジネス論、職業指導、情報社会特殊講義

(C-2)
全学共通科目[外国語科目・広域科目]の剰余の単位、および本学科に配当されていない全学共通科目[オープン科目]の単位(最大28単位まで)

●(A)基幹科目、(B)コース科目の剰余の単位を含めることができる。
◆はすべて英語による授業。

(D)演習科目

情報社会学部基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、卒業研究

●演習科目12単位のうち卒業研究(4単位)は必修である。
●卒業研究を修得できなかった場合は、翌学期以降に(B)コース科目、(C)選択科目から4単位を修得し、代替することができる。ただし、全学共通科目の単位で代替することはできない。
●情報社会学部基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲは必履修科目のため必ず履修しなければならない。
●情報社会学部基礎演習、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを修得できない場合は(B)コース科目、(C)選択科目の修得単位で代替することができる。