専攻科目一覧

カリキュラム紹介

人間科学部 人間科学科

*1…英語、中国語、朝鮮語、ドイツ語、フランス語、スペイン語から1か国語もしくは2か国語を選択。
   ①1か国語選択の場合→○○語を2年次まで履修する。
   ②2か国語選択の場合→○○語・△△語を1年次の間に履修する。
*2…専門実践演習は2年次配当科目です。

1年次
2年次
3年次
4年次
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
春学期
秋学期
全学共通科目
外国語科目*1
○○語Ⅰ・△△語Ⅰ
○○語Ⅱ・△△語Ⅱ
○○語Ⅲ
○○語Ⅳ
広域科目①思想と文化 ②歴史と社会 ③健康とスポーツ ④自然と生活 ⑤データサイエンスと数理 ⑥キャリア形成科目
⑦共通特殊講義
オープン科目経済学部科目 経営学部科目 情報社会学部科目 グローバル科目
学科専攻科目
基礎科目
(A-1)
基礎科目
人間関係の理論と実践/基礎演習Ⅰ・Ⅱ
(A-2)
基礎選択科目
人間探究入門/スポーツ健康科学概論/メディア・デザイン入門
情報リテラシー実習/心理学概論/臨床心理学概論/健康と運動/メディア論
専門科目
(B-1)
専門実践
演習科目
現代心理学
臨床心理学実践演習(心理的アセスメント)/臨床心理学実践演習(心理学的支援法)
メディア・
デザイン
メディアコンテンツ制作演習Ⅰ・Ⅱ/映像コンテンツ制作演習Ⅰ・Ⅱ/マーケティング企画演習Ⅰ・Ⅱ/コミュニケーション企画演習Ⅰ・Ⅱ/時事問題研究演習Ⅰ・Ⅱ/ジャーナリズム研究演習Ⅰ・Ⅱ
スポーツ
健康
スポーツ健康実践演習Ⅰ・Ⅱ
(B-2)
コース専門
科目
現代心理学
コース
公認心理師の職責/知覚・認知心理学/学習・言語心理学/感情・人格心理学/神経・生理心理学/社会・集団・家族心理学/発達心理学 etc
心理学研究法/心理学統計法Ⅰ・Ⅱ/心理学実験ⅠⅡ/産業・組織心理学Ⅱ/人体の構造と機能及び疾病/消費者心理学 etc
心理学実験Ⅱ/心理演習Ⅰ・Ⅱ/ホリスティック心理学/遊戯療法 etc
心理実習Ⅰ・Ⅱ
メディア・
デザイン
コース
社会調査の読み方Ⅰ/広告戦略論/総合デザイン論/コミュニケーション論/社会テーマデザイン論/競争と逸脱の社会学/消費者行動論/映像メディア論 etc
デザイン発想ワークショップⅠ・Ⅱ/広告クリエイティブ・ワークショップⅠ・Ⅱ/グラフィックデザイン・ワークショップⅠ・Ⅱ etc
社会調査の読み方Ⅱ/アンケート分析法/質的データ分析ワークショップ/広告クリエイティブ論/デジタルマーケティング論 etc
社会起業論
スポーツ健康
コース
保健体育科実践Ⅰ
保健体育科実践Ⅱ
スポーツ実務実習b(海外視察型)
スポーツ心理学/スポーツ生理学/スポーツ社会学/こころとからだの発達/トレーニング概論/スポーツ運動学/スポーツ産業論/スポーツボランティア実習 etc
スポーツ統計情報処理/衛生・公衆衛生学/スポーツ医学/スポーツバイオメカニクス/現代社会とエイジング/スポーツ栄養学 etc
地域スポーツ論/実技対策セミナー
選択科目
(C-1)
(A)(B)区分の剰余の単位、全学共通科目[外国語科目・広域科目]の剰余の単位および本学科に配当されていない全学共通科目[オープン科目]の単位
(C-2)
日本史概説/西洋史概説/東洋史概説/法学概説/政治学概説/教育心理学概論/子どもの臨床心理学/教育相談の理論と方法
演習科目専門演習Ⅰ・Ⅱ卒業研究

科目一覧

(A)基礎科目

(A-1)基礎科目
人間関係の理論と実践、基礎演習Ⅰ・Ⅱ

修得できなかった場合は(A-2)基礎選択科目から代替しなければならない。
なお、人間関係の理論と実践、基礎演習Ⅰは必履修科目である。

(A-2)基礎選択科目
人間探究入門、スポーツ健康科学概論、メディア・デザイン入門、情報リテラシー実習、心理学概論、臨床心理学概論、健康と運動、メディア論

●剰余の単位は(C)選択科目に振り替えることができる。

(B)専門科目

(B-1)専門実践演習科目
■現代心理学
臨床心理学実践演習(心理的アセスメント)、臨床心理学実践演習(心理学的支援法)

■メディア・デザイン
メディアコンテンツ制作演習Ⅰ・Ⅱ、映像コンテンツ制作演習Ⅰ・Ⅱ、マーケティング企画演習Ⅰ・Ⅱ、コミュニケーション企画演習Ⅰ・Ⅱ、時事問題研究演習Ⅰ・Ⅱ、ジャーナリズム研究演習Ⅰ・Ⅱ

■スポーツ健康コース
スポーツ健康実践演習Ⅰ・Ⅱ

【所属コースの科目】
●2年次の学生は春学期・秋学期ともに、必ず履修しなければならない。(1学期1科目2単位まで)
●履修し習得できなかった場合、所属コースの(B-2)区分の科目から代替することができる。
●剰余の単位は(B-2)区分に振り替えることができる。
【所属コース以外の科目】
●履修不可

(B-2)コース専門科目
現代心理学コース
公認心理師の職責、心理学研究法、心理学統計法Ⅰ・Ⅱ、心理学実験Ⅰ・Ⅱ、知覚・認知心理学、学習・言語心理学、感情・人格心理学、神経・生理心理学、社会・集団・家族心理学、発達心理学、障害者・障害児心理学、健康・医療心理学、福祉心理学、教育・学校心理学、司法・犯罪心理学、産業・組織心理学、人体の構造と機能及び疾病、精神疾患とその治療、関係行政論、心理演習Ⅰ・Ⅱ、心理実習Ⅰ・Ⅱ、芸術療法、被害者・加害者の心理学、ホリスティック心理学、遊戯療法、集団精神療法、精神分析学入門、消費者心理学、ジェンダーの心理学、人間のセクシャリティ、人間関係の心理学、人として生きる倫理、対人社会心理学、福祉心理学特殊講義、臨床心理学特殊講義

「心理学統計法Ⅰ」「心理学実験Ⅰ」は必履修科目のため、2年次に必ず履修しなくてはならない。

メディア・デザインコース
デザイン発想ワークショップⅠ・Ⅱ、広告クリエイティブ・ワークショップⅠ・Ⅱ、グラフィックデザイン・ワークショップⅠ・Ⅱ、Webデザイン・ワークショップⅠ・Ⅱ、サウンドデザイン・ワークショップⅠ・Ⅱ、デザインとエスノグラフィー・ワークショップⅠ・Ⅱ、社会調査の読み方Ⅰ・Ⅱ、アンケート分析法、質的データ分析ワークショップ、広告戦略論、総合デザイン論、コミュニケーション論、社会テーマデザイン論、競争と逸脱の社会学、消費者行動論、映像メディア論、ソーシャルメディアの社会学、メディアリテラシー論、社会調査論Ⅰ、社会調査論Ⅱ、広告クリエイティブ論、デジタルマーケティング論、メディアアート論、メディア産業論、情報行動論、消費社会論、ジャーナリズム論、文化表現論、観光サービス論、マスコミュニケーション論、文化人類学、ポピュラーカルチャー論、メディア制度論、Webデザイン基礎、Webデザイン応用、社会起業論、メディア・デザインコース特殊講義

スポーツ健康コース
スポーツ実務実習b(海外視察型)、スポーツ心理学、スポーツ生理学、スポーツ社会学、こころとからだの発達、トレーニング概論、野外活動の理論と実際(野外キャンプ)、野外活動の理論と実際(スノースポーツ)、エアロビック運動の理論と実際(陸上運動)、健康とスポーツの理論と実際(水泳)、健康とスポーツの理論と実際(陸上)、健康とスポーツの理論と実際(体操)、健康とスポーツの理論と実際(柔道)、健康とスポーツの理論と実際(剣道)、健康とスポーツの理論と実際(ハンドボール)、健康とスポーツの理論と実際(バスケットボール)、健康とスポーツの理論と実際(バレーボール)、健康とスポーツの理論と実際(サッカー)、健康とスポーツの理論と実際(ダンス)、スポーツ運動学、スポーツ産業論、フィットネスの理論と実際、保健体育科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、保健体育科実践Ⅰ・Ⅱ、スポーツ統計情報処理、衛生・公衆衛生学、スポーツ医学、スポーツバイオメカニクス、現代社会とエイジング、スポーツ栄養学、身体測定とデータ解析、運動処方、生活習慣病と運動、健康心理学、ヘルスプロモーション、コーチング論Ⅰ・Ⅱ、トレーニング論、スポーツマネジメント、スポーツマーケティング、スポーツ政策論、健康産業実習、スポーツトレーナー実践、学校保健、スポーツ実務実習a(企業PBL型)、地域スポーツ論、スポーツイノベーション、スポーツツーリズム、スポーツファイナンス、アダプテッドスポーツ、スポーツボランティア実習、実技対策セミナー、スポーツ健康コース特殊講義

【所属コースの科目】
●剰余の単位は(C)選択科目に振り替えることができる。
【所属コース以外の科目】
●履修可能。ただし、これらの科目はすべて(C)選択科目の単位となる。

(C)選択科目

(C-1)
(A)基礎科目・(B)専門科目の剰余の単位、全学共通科目[外国語科目・広域科目]の剰余の単位および本学科に配当されていない全学共通科目[オープン科目]の単位

(C-2)
日本史概説、西洋史概説、東洋史概説、法学概説、政治学概説、教育心理学概論、子どもの臨床心理学、教育相談の理論と方法

※ただし、全学共通科目の単位は8単位までを上限とする。

(D)演習科目

専門演習Ⅰ・Ⅱ、卒業研究

※専門演習Ⅰ・Ⅱは必履修科目である。修得できなかった場合は、(B)区分の科目で代替しなければならない。また、卒業研究(4単位)は必修科目である。在学期間が4年を超える者が卒業研究を修得できなかった場合は、(B)区分から新たに2科目4単位を修得し、代替することができる。