ボランティアクラブ

ボランティアクラブ

クラブ紹介

ボランティアクラブの紹介
私たちは総勢60名を超える、学校公認の大規模な部活です。様々な施設や地域に訪問して、身体・精神・知的障がいのある方々、児童へのサポートや、献血の呼び掛けなどをしています。基本的に週末に活動しているので、授業に集中する事ができ、サークルなどと両立させることも可能です。部会を月末or月初に1回(月or木)行い、日々の活動報告や連絡などをしています。去年は行えませんでしたが、年に2回ほど部旅行や、交流会を行っており、大きなイベントでは他大学との交流もあります。また地域とつながる活動を行いながら、様々な社会人とのかかわりも作ることができ、社会に出るにあたって重要な経験ができるクラブです。
今年度の活動目標
1.部員全員滞りなく活動できるようになることです。その為にある程度の活動数を維持しています。
2.東淀川区の地域と密接にかかわることです。SDGsなどが言われている中で地域にある課題の解決を手助けすることです。地域の課題に、直接触れること
によって、部員には自分の視野を広げてほしいと思っています。
3.自立した部員が育つような活動を行うことです。「やれ」と言われたことだけをする学生ではなく、自分の考えで動けるようになる。そのようなことを挑
戦する機会の多いボランティア活動を増やしていけたらなと考えています。
過去2年間の主な活動実績
2020年度
【学外】献血活動への参加、各ボランティア活動(一部)への参加 
2021年度
【学外】献血活動への参加、各ボランティア活動(一部)への参加

クラブ幹部・部員数

[顧 問]森 詩恵(経済学部)
[部 長]深瀬 楽人(経営学部3年生)
[副部長]黒田 杏 (人間科学部3年生)
[会 計]木野内 朋花(情報社会学部2年生)

学年/性別男子女子
1年生
27名
16名
43名
2年生
9名
9名
18名
3年生
14名
5名
19名
4年生
14名
5名
19名
64名
35名
99名

クラブ幹部のコメント

部長(深瀬楽人:経営学部3年生)

ボランティアクラブに入ると、必ず学外の人と同じ目的を持って行動することになります。大学内外問わず、様々な年齢、価値観の人と出会い、その人から何かを学ぶことによって、皆さんの考え方や、能力、価値観が、少しでも社会に出た時に役立つものになっていれば、それは素敵なことだなと思います。ボランティアクラブに入ったら、一緒に成長しましょう!よろしくお願いします。

副部長(黒田杏:人間科学部3年生)

ボランティアクラブでは、施設の職員さん、利用者さん、そして地域の方々など多くの方と交流する機会があります。大学生にとって、多くの方と交流できる場は貴重であり、自分自身の刺激になるものであると感じています。また様々なボランティア活動を通して、自身の強みや弱みを発見することにも繋がり、自己アイデンティティの形成にも役立ちます。私たちと一緒に、大学生活をより良いものにしませんか?よろしくお願いいたします。

年間予定・活動日時・活動場所

年間予定
4月※毎月、学童保育ボランティア、献血の呼びかけ、その他ボランティア活動を行っています。
5月車椅子講習会
6月介護施設のレクレーション参加
7月ボランティアクラブ感謝祭
8月
9月学術会リーダーズキャンプ
10月大樟祭(展示祭・競技祭)、OB・OG会
11月介護施設のレクレーション参加
12月引退式
1月
2月学術会リーダーズ会議
3月
ハートフェスタへの参加
【活動日時】
 部会 月曜日・木曜日:18時~20時(月1回)
 ※ボランティア活動は不定期
 
【活動場所】
 部会:空き教室
 ボランティア活動:各施設や活動先