奨学金制度に採用された学生の声

2年連続で選ばれたことが自信につながり大学院進学も視野に。

[採用された奨学金 ▶ 大樟奨学金(2020、2021年度)]
経済学部 3年/京都朝鮮中高級学校 卒業

成績優秀者向けの奨学金の存在は、入学時にオリエンテーションで知りました。特別この奨学金をもらおうと思って勉強していたわけではなかったので、大学から通知がきて受給が決まったときは、金銭的な面はもちろん、自分が成績上位であったことも嬉しかったです。弟2人も私立高校に通っているので、家計の負担が減り家族が喜んでくれました。ありがたいことに2年間連続して奨学金をいただけたので、学業において自信が持てるようになりました。現在、大学院への進学も視野に入れてゼミでの研究に励んでいます。

奨学金のおかげで、サークルにも学業にも力を入れられます。

[採用された奨学金 ▶ 大樟奨学金(2021年度)]
人間科学部 2年/岡山県立倉敷商業高校 卒業

通知をもらうまで大樟奨学金の存在も知らず、まさか自分が選ばれるなんて、と驚いたのが正直な感想です。授業はほとんどがオンライン形式だったので、提出物で自分が学んだことや調べたことをアピールできていたのが好成績につながったのかもしれません。授業料の半額免除は大変助かります。少しは親孝行になったかなと嬉しかったです。負担が減った分は、力を入れているダンスサークルの活動費用などに充てています。次もまたこの奨学金をいただけるくらい、勉学に励みたいと思います。

今後の大学生活のモチベーションになりました。

[採用された奨学金 ▶ 同窓会遠隔地学生奨学金(2021年度)]
経済学部 1年/鳥取県立倉吉東高校 卒業

親の援助を受けながら一人暮らしをさせてもらっていますが、実家は8人の大家族で私の下には3人の弟がいますので、奨学金の受給は大変助かります。奨学金は返すものだと思っていましたが、こちらは給付型で返済義務がなく、ありがたいです。限られた枠だったので、受給できると聞いてとても嬉しかったのを覚えています。今は英語の学習に力を入れたいと考えており、奨学金はTOEIC®のテキスト代や受験料に充てようと思います。今後も自分の関心のある授業を受講して、大学生活をより有意義なものにしたいです。

SPECIAL VOICE!