就職支援

段階的なキャリアサポートで“就業力”を育成します。

厳しい就職活動に打ち勝って内定をもらうことは、決してゴールではありません。大阪経済大学では、内定を獲得するまでの就職力ではなく、就職してからも自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図る「就業力」を身につけることを重視しています。そのため、入学時からの段階的なキャリアサポートシステムを整備。
学生が人生選択を自主的に取り組んでいけるよう支援しています。

学生の夢や目標の実現を支援する体制

成長の機会を1年次から

2022年に創立90周年を迎える本学では、卒業生の数は10万人を超え、企業の経営幹部として活躍する人材も数多く輩出しています。
こうした高い就職実績を支えるのが、学生の成長を計画的・段階的に支援するキャリアサポートシステムです。入学直後に行う「大学生基礎力レポート」は、自身の性格や長所、職業に関する興味などを分析でき、4年間の学生生活の行動指針を立てるのに役立ちます。1年次の早い段階からキャリアに対する意識を高めることで、資格取得やインターンシップといった、さまざまなキャリアアッププログラムに挑戦する意識もわいてきます。

大勢で1人をフォロー

プログラムの整備だけでは、キャリアサポートは十分ではありません。本学では教員・職員・学生が一体となって、1人の学生をフォローする体制を整えています。厳しい就職活動の中、多くの悩みを抱える学生を、決して孤立させません。オフィスアワーやクラスアドバイザー、学習支援室などの相談窓口、さらにピアサポーターと言われる先輩たちが、悩みや相談ごとを持つ学生たちに気を配り、手厚くサポートします。

細やかなニーズに対応

本学のキャリア支援の特徴の一つにマンツーマン指導体制があります。就職課職員が学生と1対1で向き合い、しっかりと悩みを受け止めて、適切な助言を返す。こうして長期戦の就職活動を乗り越えていきます。99%という高い進路把握率が、学生との密接なつながりを示しています。先輩たちの進路情報は、後輩の就職活動において貴重な資料となり、好循環を生み出しています。
学生の声に耳を傾けてみると、就職に対する要望は実に多彩です。そこで、Uターン・女子学生支援といった、特定の学生に対するサポートもきめ細かく実施しています。こうした取り組みは就職後のミスマッチを防ぐ上でも重要です。
4年間の充実した学生生活と、その成果としての「納得の就職」は、誰もが願うところ。「大経大に入ってよかった」と、すべての学生に思ってもらえるように、本学は入学から卒業まで、親身になってバックアップします。

就職までの道のり

就職までの道のりを計画的・段階的に支援します。

大阪経済大学では4年間一貫したサポートで、段階的にキャリア形成と就業マインドを育成。特に3年次からは、学生自身が主体的に就職活動に取り組んでいけるよう、きめ細やかで丁寧な就職支援を行い、夢の発見と実現へ導きます。

就職活動を開始

マンツーマン指導(個別相談)

進路についての相談や、履歴書添削から面接の心得など、就職活動に関するさまざまな事柄に個別に対応します。

ゼミ別就職ガイダンス

2年生秋学期と3年生春学期に全ゼミナールと連携し、就職ガイダンスを計2回各ゼミナールで実施します。

就職力を養う

就職支援

■就職活動スタートアップ講座
自己分析・企業研究・履歴書の書き方など就職活動の基礎を1日で学べる講座。大樟塾のプレ講座も兼ねています。

■グループディスカッション講座
採用選考で課されるグループディスカッションを体験し、フィードバックを受けることで弱点を認識し、改善につなげます。

■面接対策講座〈マナー〉
グループ面接を体験し、面接の基本である入室から退室までのマナーを学びます。

■業界セミナー
各業界の動向や仕事のやりがいなどを知る機会。就職活動前の貴重な情報源であり「働くこと」をイメージする機会でもあります。

■実践面接トレーニング
現役の人事担当者を「面接官兼指導役」にお招きして実施する模擬面接。自分の考えを整理し、自分の言葉で表現する力を養います。

■学内合同企業説明会
本学学生と企業の出会いの場。3年次の2月、3月、4年次の5月、2月などに開催し、例年はのべ800社の企業が参加。2021年2月の説明会では、8日間でのべ11,000名の学生が参加。

■学内単独企業説明会
本学学生の採用を積極的に考えている企業が、学内で一社単独での説明会と採用試験も同時に実施しています。

■新入社員即戦力プログラム
内定後も親身にサポート。企業での新入社員研修の名刺交換や電話応対などの内容を実施。社会や仕事に対する不安を払拭することで、スムーズに社会人生活に入ることができます。