図書館・研究所

『経済史文献解題』データベース

『経済史文献解題』とは

『経済史文献解題』は、主に日本で出版された社会経済史・経営史と関わりのある著書・論文の文献解題であり、数十名の研究者の協力を得て編集されています。
日本経済史研究所が開所した1933(昭和8)年、月刊誌『経済史研究』に掲載された文献解題の1年分をまとめた『経済史年鑑』が出版されました。『経済史年鑑』は、1945(昭和20)年で刊行が一旦停止されましたが、戦後、1955(昭和30)年に復刊し、1957(昭和32)年に『経済史文献』に改称されました。そして1960(昭和35)年から大阪経済大学日本経済史研究所編『経済史文献解題』として継承され、以後毎年作成されてきました。
2003(平成15)年には、文部科学省のオープン・リサーチ・センター事業に選定され、データベース化の取り組みが始まり、2004(平成16)年版からWebを利用してデータ入力が行われるようになりました。また、過去のデータについては、1955(昭和30)年に復刊した『経済史年鑑』第1冊まで遡及して入力がなされ、現在、Webでの検索が可能となっています。さらに2004年版からは、タイトル・著者等の欧文情報を取り入れたことにより、海外からも利用できる国際版の“Bibliographic Database of Economic History”も併せて公開しています。

Database of Economic History

Keizaishi Bunken Kaidai (Bibliography of Economic History) has been published since 1933 when our institute was established in Kyoto, except a few years during and immediately after the Second World War. It is not a mere bibliography. It has a brief explanatory note on the content of each book and article. It covers economic and business history, political history, a history on thought, etc.
In 2003, we started to make the Bibliographic Database of Economic History, which was selected as a project of the Open Research Center by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. You can see the Bibliographic Database of Economic History from 1936 to the present. We also started making an English Edition of the Database from 2004, which includes information on research in foreign countries, Korea, China, Taiwan, U.S.A. and U.K. from 2007.

『経済史文献解題』データベース