第2部経営学科

第2部経営学科とは

大阪経済大学が考える、夜間教育の役割

安価で高等教育を提供するという従来の夜間部のモデルから脱皮し、働きながら学びたいという青年、自分を創り直そうとする社会人、そして生涯学びたいと考える熟年者に、学修の場(リカレントの場)を提供する。
それが、これからの夜間教育に求められる社会的使命・役割だと考えます。
大阪市内で私立大学の夜間学部が本学経営学部第2部のみとなった今、その役割が更に重要になっています。

4年間の学費等は昼間の約半額

少人数教育、一人ひとりの目標に合わせたキャリアアップときめ細かな体制にもかかわらず、学費は昼間の約半額。国公立大学よりも安い4年間学納金を維持しています。

学部・学科入学手続き時における費用初年度納付金4年間合計
入学金
学費等
合計
【本学】第2部経営学科
150,000
232,000
382,000
613,000
2,002,000
【国公立】昼間学部
※学部により、別途実習費・諸経費・自治会費等必要
280,000
535,800
815,800
868,800
2,476,200

第2部経営学科学びの特長

POINT1:理想のキャリアを実現

資格取得を目指す人、職業能力の形成を目指す人、起業を志す人、家業を継承したい人などのために、リカレントの場として一人ひとりのキャリアアップを実現させるためのカリキュラムを用意しています。

POINT2:双方向の指導を目指して

講義では、教員と受講者の間のコミュニケーションを重視しています。積極的な意見や質問を歓迎する参加型講義は、少人数制だからこそ実現可能なのです。

POINT3:クォーター制の導入

クォーター(4学期)制を導入し、4年間16学期で効率的・段階的に学べるようなカリキュラムを設置。仕事と両立しやすい学修環境を整えます。

POINT4:少人数ゼミの開講

学生の実践的な関心に合わせた、少人数の双方向型の学修機会を作ります。第2部経営学科への入学希望者(社会人)にも公開します。

STUDENT'S VOICE 01

断念しかけた進学を、夜間で実現。昼間と遜色ない大学生活に満足です。

経営学部第2部経営学科 3年
兵庫県立神戸商業高校 卒業

商業高校で学んでいたため経営学部を目指すように。ただ経済的な理由から一度進学を断念しかけました。そんなとき大経大に夜間教育があることを知り、指定校推薦で入学。学費が安価なだけでなく、昼間の授業やゼミを受講でき、昼間と同じ制度を利用できる点がメリットだと感じています。第2部はゼミ必須ではありませんが、せっかくならばとゼミに所属しています。ゼミのテーマは「ビジネスと哲学の関わり」。経営学部なのに哲学を扱うのは珍しいと思って興味を持ちました。もともと深く考えを巡らすことが好きなので、哲学は面白いです。哲学の知識のほかにも、分析力や考察力が身についたと思います。また、日中は大学内でSA(スチューデント・アシスタント)や図書館サポーターをするなど積極的に活動しています。

STUDENT'S VOICE 02

周りの学生の目的意識が高く、刺激を受ける毎日。

経営学部第2部経営学科 3年
京都府立西城陽高校 卒業

短大で簿記を学んでいましたが、もっと専門的に学びたいと考え、大経大へ進学。税理士資格と教員免許の取得を目指しているのですが、3年生からの編入になるため、必修科目がなくカリキュラムを組みやすい第2部を選択しました。授業では、現役の税理士や公認会計士の先生が実例を交えわかりやすく教えてくれます。特に「公会計論」では「テキストをただ覚えるのではなく、自分で考えることが大事」という先生の言葉に感銘を受けました。幅広く科目を選択できるのが、第2部の魅力です。私は日中に1部の教職の授業や資格試験に向けた自主学習を、夕方から2部の授業をと、朝から晩まで大学にいます。図書館には同じように勉強している学生がたくさんいて、自分も頑張らなければと刺激を受ける毎日です。

※このページに記載されている科目名は2022年度のものです。上記内容は変更する場合があります。