学部/大学院・教育内容

教育・学習支援センター

学生・教員へのサポート体制

教育・学習支援センター(以下SCTL)は、2019年に「本学における全学的な教育支援策・学習支援策の企画、開発、実施ならびに教育活動の継続的な支援により、大学教育の充実と発展に寄与することを目的」(教育・学習支援センター Support Center for Teaching and Learning 規程 第1条より)として設立されました。
このページでは、SCTLの活動内容について情報発信していきます。

センター長のメッセージ

 教育・学習センター(SCTL:Support Center for Teaching and Learning)は、大阪経済大学における全学的な教育支援策・学習支援策の企画、開発、実施ならびに教育活動の継続的な改善の推進と支援により、大学教育の充実と発展に寄与することを目的として、2019 年 4 月に設置された組織です。
SCTLの事業内容は、(1)高等教育に関する調査および研究に関する支援、(2)教育改善のための活動(FD)に関する支援、(3)学生を中心とした教育プログラムの開発に関する支援、(4)IR(Institutional Research)に関する業務、(5)共通教育・初年次教育・キャリア教育等のカリキュラム開発に関する情報提供・調査、(6)教育環境の整備・改善に関する支援、(7)その他、SCTLの目的を達成するのに必要な事業、と多岐にわたっております。
 以上の業務を遂行していくために、現在SCTLでは、センター長(学長執行部において教務を担当するもの)以下、副センター長、キャリア教育を担当する専任教員、各学部の教員・各部署の職員から自主(主体)的にSCTLの事業へ参画する教育コーディネーター、業務全般をサポートするSCTL専任職員が、学修支援などのサポートを担ってくれる学生リーダーや学生スタッフとともに、一丸となって学修者本位の教育のために取り組んでおります。なお、教育コーディネーター(制度)は、本学の独自性を生かした取り組みを継続的に実現していくための教職協働の新しい創発プロジェクトとなっております。
 大学の主役は言うまでもなく、学生さんです。そして、SCTLに求められている役割は、その名にあるように“支援(Support)”です。本学が「学生中心の大学」として、より一層磨きをかけていくための支援に努めていきたいと考えております。


大阪経済大学 教育・学習支援センター長
遠原智文(経営学部教授)

SCTL事業内容

初年次教育

初年次で学ぶアカデミックスキルの支援などを行っています。

キャリア教育

キャリア教育はどの学部でも低年次から受講できるように科目を設置しています。
…Read More

各種データ公開

SCTLで取り扱うアンケート等の結果を以下ページで確認することができます。
…Read More

FD

全学FD(FucultyDevelopment)や学部・研究科FDの活動については以下ページでご覧ください。
…Read More

スタッフ体制

構成員氏名所属
センター長 遠原 智文(トウハラ トモフミ)経営学部教授
副センター長秦 敬治(ハタ ケイジ)特別招聘教授(岡山理科大学副学長)
任期付専任教員(キャリア型)田村 俊之(タムラ トシユキ)教育・学習⽀援センター准教授
事務職員黒正 洋史(コクショウ ヒロフミ)教育・研究支援・社会連携部部長
田中 美也子(タナカ ミヤコ)教育・学習支援センター事務課課長
新名 秀彦(シンメイ ヒデヒコ)教育・学習支援センター事務課
荒川 崇(アラカワ ソウ)教育・学習支援センター事務課
教育コーディネーター上宮 智之(ウエミヤ トモユキ)経済学部准教授
加藤 千雄(カトウ カズオ)情報社会学部准教授
城 達也(ジョウ タツヤ)人間科学部教授
大塚 好晴(オオツカ ヨシハル)教育・研究支援・社会連携部
高石 航佑(タカイシ コウスケ)学生部
樽野 雅史(タルノ マサシ)経営企画部
神﨑 珠理(カンザキ マリ)国際部
萩原 槙(ハギハラ マキ)入試部

2021.5.1現在

リンク集

全国私立大学FD連携フォーラム http://www.fd-forum.org/fd-forum/
四国地区大学教職員能力開発ネットワーク https://www.spod.ehime-u.ac.jp/

文部科学省 中央教育審議会答申等
◆2019年
「教学マネジメント指針」(令和2年1月22日 大学分科会)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1411360_00001.html

◆2018年
2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申)(中教審第211号)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1411360.htm

◆2016年
個人の能力と可能性を開花させ、全員参加による課題解決社会を実現するための教育の多様化と質保証の在り方について(答申)(中教審第193号)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1371833.htm

◆2014年
新しい時代にふさわしい高大接続の実現に向けた高等学校教育、大学教育、大学入学者選抜の一体的改革について(答申)(中教審第177号)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1354191.htm

◆2012年
新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~(答申)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1325047.htm

◆2008年
学士課程教育の構築に向けて(答申)
https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1217067.htm