学部/大学院・教育内容

ディプロマ・ポリシー

全学ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学の教育目標に基づき、市民としての良識とたくましい実践力を備えた多彩な職業人を育成します。そのため、以下のような知識や能力、姿勢を身に付けることができるように、各学部・学科等において教育課程を編成し、所定の単位を修得して卒業認定ができた学生に対して、学士の学位を授与します。

(全学DP1)
新しい時代を生きる職業人として必要な思考力と課題解決能力
・実践的な思考法を身に付け現代社会の諸問題を発見し、課題解決の道筋を立てることができる。 

(全学DP2)
各学問分野における実学的な専門知識と技能
・幅広い教養と専門分野に関する科学的な知識・技能を身に付け、社会生活に役立てることができる。

(全学DP3)
社会とつながり、多様な人々と協働できる人間力
・多様性を尊重し、主体的に他者と関わり、地域社会・企業社会・国際社会とつながることができる。

学部別ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

経済学部

大学の定める全学的な学位授与の方針に基づき、経済学部が示す以下の知識や能力、姿勢を身に付けることができるように経済学部の教育課程を編成し、所定の単位を修得して卒業認定ができた学生に対して、学士(経済学)を授与します。

(経済学部DP1)
経済学・地域政策学の実践的な思考法を身に付け、社会の仕組みを理解し、今起きている問題・未来に起こり得る問題を発見・予測し、その解決の道筋を立てることができる。

(経済学部DP2)
幅広い教養や経済学・地域政策学に関する科学的な知識とその実践的な応用力を身に付け、社会生活に役立てることができる。

(経済学部DP3)
演習や調査・実習を通じて、多様な人々と積極的なコミュニケーションを図り、社会と主体的につながることができる。

経営学部

大学の定める全学的な学位授与の方針に基づき、経営学部が示す以下の知識や能力、姿勢を備えた者に学士(経営学)を授与します。

(経営学部DP1)
経営学と法学の思考基盤を持ち、企業社会における諸問題を複眼的に分析し、解決することができる。

(経営学部DP2)
起業や組織の設計・運営、発展させるための手法を、経営学・法学の両面から専門的な知識や能力を身に付け、具体化することができる。

(経営学部DP3)
企業社会に利する目標に動機づけられた自らの夢や目標を発見し、その実現に向けて主体的に社会や他者とつながることができる。

情報社会学部

情報社会学部は、現代社会/経営・経済/情報コミュニケーションという3つの専門分野(コース)を設けており、これら3分野の教育課程を、自分の関心に応じたバランスで修得することができます。
情報化の進む現代社会で活躍できる多様な能力を身に付けた人材を育成するため、以下のような知識や能力、姿勢を身に付けられるように、教育課程を編成し、所定の単位を修得して卒業認定ができた学生に対して、学士の学位を授与します。

(情報社会学部DP1)
新しい時代を生きる職業人として必要な思考力と課題解決能力
・3つの専門分野を横断的に学んで実践的な思考法を身に付け、現代社会の諸問題を発見し、課題解決の道筋を立てることができる。

(情報社会学部DP2)
各学問分野における実学的な専門知識と技能
・全学共通の幅広い教養と、3つの専門分野(すべて、あるいはいずれか)に関する科学的な知識・技能を身に付けて、社会生活に役立てることができる。

(情報社会学部DP3)
社会とつながり、多様な人々と協働できる人間力
・多様性を尊重して主体的に他者と関わり、現代社会の諸課題に関心を持って、その解決に意欲的に取り組む姿勢を備えている。

人間科学部

大学の定める全学的な学位授与の方針に基づき、人間科学部が示す以下の知識や能力、姿勢を備えた者に学士(人間科学)を授与します。

(人間科学部DP1)
心理学、メディア・デザイン学およびスポーツ健康学の基礎を横断的に学び、さらには専攻した分野を専門的に学び実践的な思考力を身に付け、現代社会における諸問題を発見・予測し、その解決の道筋を立てることができる。

(人間科学部DP2)
幅広い教養と心理学、メディア・デザイン学、スポーツ健康学から専攻した分野における専門的な知識と技能を身に付け、社会生活に役立てることができる。

(人間科学部DP3)
職場・地域・家庭などさまざまな生活の場で人びとが直面している諸課題に積極的に関わり、社会や他者と主体的につながることができる。