学部/大学院・教育内容

カリキュラム・ポリシー

全学カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

これらの教育課程について、「大阪経済大学アセスメントポリシー」に基づき、様々な角度からの評価(試験・レポート、小テスト、外部アセスメントテスト等)をすることにより学修成果を把握します。
また、教育課程における各授業科目については、シラバスに到達目標を定めどのように評価するかを記載することで質を保証するとともに、教育課程全体の評価・検証の状況を把握します。

本学の学位授与の方針に掲げる知識や能力、姿勢が修得できるように、教育課程(全学共通科目、学科専攻科目、演習科目等)を以下の通り編成し、講義・演習・実習等を適切に組み合わせた授業を展開します。

(全学CP1)
全学共通科目では、幅広い教養の修得や学びの土台づくりのために語学科目・広域科目を編成する。
・語学科目では、多文化理解を深めるとともにコミュニケーション能力を身に付ける。
・広域科目では、人文科学・社会科学・自然科学の科目群と、キャリア形成科目において、幅広い教養と生涯にわたって生き抜くための思考力を身に付ける。

(全学CP2)
学科専攻科目では、体系的に専門的知識・技能が身に付くように、基幹科目と専門科目を編成する。
・基幹科目では、学科で学ぶ上で必要となる基礎的な知識・技能を身に付ける。
・専門科目では、コースに属し、より専門的に学問を深めていく。

(全学CP3)
演習・実習科目等では、少人数でのグループワーク等による協働を通して、主体的な姿勢や課題解決の手法を身に付けるために、ゼミ科目とその他の少人数教育科目を編成する。
・ゼミ科目では、各学問領域からのアプローチにより問題を発見し、その問題を解決するための課題を設定し継続的に調査・研究をすることで、専門的な課題解決の手法を身に付ける。
・その他の少人数教育科目では、特定の課題について議論し、解決に向けた様々な研究手法を学んだうえで、それを実践できる力を身に付ける。

これらの教育課程について、「大阪経済大学アセスメントポリシー」に基づき、様々な角度からの評価(試験・レポート、小テスト、外部アセスメントテスト等)をすることにより学修成果を把握します。
また、教育課程における各授業科目については、シラバスに到達目標を定めどのように評価するかを記載することで質を保証するとともに、教育課程全体の評価・検証の状況を把握します。

学部別カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経済学部

経済学部の学位授与の方針に掲げた知識・能力を身に付けるため、全学の教育課程編成・実施の方針に基づき、学位プログラムを以下の通り編成します。

(経済学部CP1)
全学共通科目では、幅広い教養の修得や学びの土台づくりのために語学科目・広域科目を編成する。
・語学科目では、多文化理解を深めるとともにコミュニケーション能力を身に付ける。
・広域科目では、人文科学・社会科学・自然科学の科目群と、キャリア形成科目において、幅広い教養と生涯にわたって生き抜くための思考力を身に付ける。

(経済学部CP2)
経済学部の専門教育科目を以下の通り体系的に編成する。
□学位プログラム共通
・「学部基幹科目」
初年次に経済学の基礎や情報処理科目、経済学部で学ぶ際に必要となる基礎力を身に付ける。
・「専門科目」
コース制度に基づいて、経済学および地域政策学の共通的に必要となる分野と、特定分野に関する専門知識を体系的に修得する。

□産業と企業コース
・産業・企業分析の理論と手法を深く学び、即戦力となる企業人を目指す。

□金融コース
・金融の専門知識を学び、金融力を高める。

□くらしと環境コース
・環境など社会が抱える諸問題を理解し、解決を模索する。

□地域経済とまちづくりコース
・現場体験を通して、まちづくりを考える。

□公共政策コース
・よりよい社会のため、政策立案能力を磨く。

□国際政治経済コース
・世界規模で物事を捉える幅広い視野を養う。

□グローバル・コミュニケーションコース
・経済学、語学力、異文化理解のコラボレーションによるグローバル人材を育成する。

(経済学部CP3)
主体的な姿勢を身に付け、思考力、判断力、表現力を獲得できるように、下記のような少人数教育を行う。
・演習科目において、読む力・書く力・考える力・話す力を身に付け、経済社会における問題を発見し、経済学に基づきながら問題を解決する力を養成する。
・調査実習科目において、地域社会・国際社会・企業・自治体でのフィールドワークによって、特定の課題に対しての解決手法を学ぶ。

これらの教育課程について、「大阪経済大学アセスメントポリシー」に基づき、様々な角度からの評価(試験・レポート、小テスト、外部アセスメントテスト等)をすることにより学修成果を把握します。
また、教育課程における各授業科目については、シラバスに到達目標を定めどのように評価するかを記載することで質を保証するとともに、教育課程全体の評価・検証の状況を把握します。

経営学部

経営学部の学位授与の方針に掲げた知識・能力を身に付けるため、全学の教育課程編成・実施の方針に基づき、学位プログラムを以下の通り編成します。

(経営学部CP1)
全学共通科目では、幅広い教養の修得や学びの土台づくりのために語学科目・広域科目を編成する。
・語学科目では、多文化理解を深めるとともにコミュニケーション能力を身に付ける。
・広域科目では、人文科学・社会科学・自然科学の科目群と、キャリア形成科目において、幅広い教養と生涯にわたって生き抜くための思考力を身に付ける。
また、指定する科目群の中から修得することで、経営学部での学びの基礎を身に付ける。

(経営学部CP2)
経営学部の専門教育科目を「経営と法の融合」の教育理念のもと、学科・コース間での相互履修を可能にし、理論と実践を掛け合わせ以下のように編成する。
〇経営学部第1部
・「学部基礎科目」
初年次で学ぶ当科目群で、経営学やビジネス法学、会計学の基礎知識や、基礎的なPCスキルや自身のキャリア志向について身に付ける。
・「学科専門科目」
「必修科目」「基幹科目」「展開科目」「融合科目」を編成し、体系的に経営学・ビジネス法学の基盤となる知識を身に付ける。

〇経営学部第2部
「学科基礎科目」「学科基幹科目」「経営コース科目」「ビジネス法コース科目」「サービスマネジメントコース科目」「キャリアサポート科目」の6つの科目群により、自身のレベルに応じて自由かつ段階的に履修できるよう教育課程を編成している。

(経営学部CP3)
・少人数制の演習科目(ゼミ教育)を開講している。そこでは既存研究の自主学習、研究発表、討議などを通して企画・立案・調査・論理的思考を学び、構想力や公正な判断力を養う。
・その他少人数教育科目では、実践を通して特定の課題に対して向き合い、解決に向けた様々な手法を学ぶ。

これらの教育課程について、「大阪経済大学アセスメントポリシー」に基づき、様々な角度からの評価(試験・レポート、小テスト、外部アセスメントテスト等)をすることにより学修成果を把握します。
また、教育課程における各授業科目については、シラバスに到達目標を定めどのように評価するかを記載することで質を保証するとともに、教育課程全体の評価・検証の状況を把握します。

情報社会学部

情報社会学部は、現代社会/経営・経済/情報コミュニケーションという3つの専門分野(コース)を設けており、これら3分野の教育課程を、自分の関心に応じたバランスで修得することができます。
コース選択は1年次終了前に自らの関心に応じて行いますが、途中で関心が変わればコースを変更することも、関心が複数のコースに広がれば所属するコース以外のコース科目を履修することもできます。
このように、学びながら自らの関心を深め、各分野における専門的な知識や能力、学びの姿勢を修得できるように、教育課程を以下の通り編成し、講義・演習・実習等を適切に組み合わせた授業を展開します。

(情報社会学部CP1)
全学共通科目では、幅広い教養の修得や学びの土台づくりのために語学科目・広域科目を編成する。
・語学科目では、多文化理解を深めるとともにコミュニケーション能力を身に付ける。
・広域科目では、人文科学・社会科学・自然科学の科目群と、キャリア形成科目において、幅広い教養と生涯にわたって生き抜くための思考力を身に付ける。

(情報社会学部CP2)
専門的な知識と技能を体系的に身に付けて、現代社会における諸課題の解決に意欲的に取り組むことができるよう、3つの専門分野それぞれにおいて、自由度の高いコース科目群と発展科目群を置く。
□現代社会コース
実社会における現象を、社会調査や統計学の理論と手法を駆使して分析する能力を修得する。

□経営・経済コース
経営管理や会計学の理論と手法を駆使した企業経営の分析や、よりよい社会の仕組みや制度の検討・提案を行う能力を修得する。

□情報コミュニケーションコース
コンピュータ理論と情報処理技術を駆使して、コミュニケーションやビジネスのあり方を考え、実現する能力を修得する。

(情報社会学部CP3)
演習およびいくつかの科目では、実践的な講義やグループワーク等による協働を効果的に進められるよう、少人数教育科目を編成して行う。
・1年次に専任教員が担当する基礎演習を置き、グループワーク等を通じて大学での主体的な学びの方法を身に付ける。
・2年次秋学期以降には、所属する分野の学びを実践的に体現する主体性を獲得できるよう、専門ゼミ教育を実施し、学びの集大成として「卒業論文」を書き上げるための卒業研究(必須)を置く。
・その他の専門科目においても、少人数教育の効果を重視する実習系科目を中心に、クラス分けや履修人数の制限などを行う。

これらの教育課程について、「大阪経済大学アセスメントポリシー」に基づき、様々な角度からの評価(試験・レポート、小テスト、外部アセスメントテスト等)をすることにより学修成果を把握します。
また、教育課程における各授業科目については、シラバスに到達目標を定めどのように評価するかを記載することで質を保証するとともに、教育課程全体の評価・検証の状況を把握します。

人間科学部

人間科学部の学位授与の方針に掲げた知識・能力を身に付けるため、全学の教育課程編成・実施の方針に基づき、学位プログラムを以下の通り編成します。

(人間科学部CP1)
全学共通科目では、幅広い教養の修得や学びの土台づくりのために語学科目・広域科目を編成する。
・語学科目では、多文化理解を深めるとともにコミュニケーション能力を身に付ける。
・広域科目では、人文科学・社会科学・自然科学の科目群と、キャリア形成科目において、幅広い教養と生涯にわたって生き抜くための思考力を身に付ける。
また、指定する科目群の中から修得することで、人間科学部での学びの基礎を身に付ける。

(人間科学部CP2)
人間科学部の専門教育科目を以下の通り体系的に編成する。
□学位プログラム共通
・「基礎科目」
初年次で必ず履修する「基礎演習」や「キャンプ実習」によって学修の基本的なリテラシーと自主性と協調性を身に付ける。
・「基礎選択科目」
心理学/メディア・デザイン/スポーツ健康科学の3分野について、専門につなげる基礎的な科目を編成し、人間科学に関する幅広い知識を身に付ける。
・「専門実践演習科目」
所属する以下のコースの専門的な知識やスキルを座学だけではない討論や実習、プレゼンテーションによる実践的な演習によって身に付ける。
・「コース専門科目」
以下の3コースで示す知識・能力を身に付けることができるように教育課程を編成する。

□現代心理学コース
大きくわけると人間の記憶や学習、知覚、感情、知能といった広汎な心理現象を科学的に探求する「基礎心理学」と、基礎心理学の理論や法則、成果を実際の生活や問題解決、仕事に役立てようとする「応用心理学」があり、応用心理学の範疇に【臨床心理学領域】と【ビジネス・社会心理学領域】の2つの領域がある。現代心理学コースではこれらの領域について教育課程を編成する。

□メディア・デザインコース
新しいメディア状況・社会状況の中で活躍していくため、メディア・デザインコースでは【コンテンツ制作系】、【企画プロデュース系】、【課題発見系】の三つの系の教育課程を編成している。また講義に加え、初年次から専門領域への導入部分をワークショップで体験しながら、メディアとデザインについての自身の関心や適性、将来の進路などを考えて、コンテンツ制作や社会調査・マーケティングについて実践的に学ぶワークショップ科目を編成している。

□スポーツ健康コース
深く人間の健康や運動・スポーツについて、社会や自然といった人間を取り巻く環境の中で「生きていく力」をより強固にすることを健康・スポーツの側面から支援するために、【ヘルスデザイン領域】、【スポーツコーチング領域】および【スポーツビジネス領域】の3領域から教育課程を編成している。

(人間科学部CP3)
自らの研究テーマの発見と、文献やデータの収集・分析・考察を他の学生と切磋琢磨しながら進め、4年次の卒業研究においてその成果を集大成する。
その他少人数教育科目では、実習や実践を通して、各コースにおける特定の課題に対する解決のアプローチの手法を学ぶ。

これらの教育課程について、「大阪経済大学アセスメントポリシー」に基づき、様々な角度からの評価(試験・レポート、小テスト、外部アセスメントテスト等)をすることにより学修成果を把握します。
また、教育課程における各授業科目については、シラバスに到達目標を定めどのように評価するかを記載することで質を保証するとともに、教育課程全体の評価・検証の状況を把握します。