就職情報

OB・OGの声

起業という目標達成のために大阪経済大学を選びました。

会計の協同組合理事長を務める父の影響で、私もビジネスに関心の高い学生でした。父の後を継ぐだけではなく、新しい形で総合的にクライアントを支える企業を自分で立ち上げてみたいと高校生の頃から考えていたんです。国立大学に進むことも考えましたが、大経大の授業のほうが面白そうだと思い入学を決意。学生が興味を持って取り組めるようなスタイルの授業はとても興味深く、教授と仲良くなって研究室に頻繁に通うようになりました。また、国際交流課のチューターや、70周年記念事業のスタッフなど、大学の活動に積極的に参加することで在学中にさまざまなつながりができましたね。大学院経済学研究科卒業後は銀行で働きながら、大学院経営情報研究科へ。社会人と学生という二足の草鞋を履きながら、起業に向けての準備を進めました。そして2009年、トウマトータルビジネスを設立。顧問、会計、会社設立コンサルティングを一気通貫で提供する会社です。順調に成長を続け、今では社員20名ほどになりました。改めて振り返ってみると、大学1年生の時に何を考えてどう過ごすかが、私にとって重要だったと思います。起業するという明確な目標を掲げたことにより、授業にも学生生活にも目的を持って臨むことができたと思います。アルバイトさえも「接客業のスキルを身につける」という目的で選びました。そして、これから目指すのは事業の拡大です。企業の資産運用をサポートする部門を現在準備中です。節税などで資産を守るだけでなく、資産を活用できれば、クライアントのビジネスの幅はさらに広がります。大小さまざまな企業経営者の片腕として、一層頼りにしていただけるよう今後もこの仕事を続けていきたいと思います。

株式会社トウマトータルビジネス 代表取締役
大阪経済大学大学院 / 経営情報研究科 / 2009年 修了
大阪経済大学大学院 / 経済学研究科 / 2007年 修了
経済学部 / 2005年 卒業

十年後も生徒の心に残るような指導をしていきたい。

僕がこの仕事を目指したのは、高校時代に担任から「教員を目指してみては」という助言をもらったことがきっかけです。それから大経大へ進学。小学校でのボランティア経験や、教員採用試験対策講座での学習を積み重ねました。現在、岸和田市立産業高校に勤めて3年目になります。こちらでは授業3科目と進路指導を担当しています。教員になって最初の頃は、授業づくりに苦戦しました。同じ授業でもクラスによって反応が違ったり、興味を持続させるのが難しかったり。教材や話すリズムを変えて試行錯誤するうちに、最近ようやく自分のスタイルができてきたように思います。一方、進路指導の際には、生徒を尊重しながらも多くの選択肢があるということを伝えるよう心がけています。例えば「A大学に行きたい」と決めて、僕に相談してきた生徒がいました。「なぜA大学なの?」と尋ねると、ネットや親の意見を参考にしたとのこと。そこで、Aもいい大学だけど自分の目で確かめて他大学と検討した上で進路を考えるように、と指導をしました。すると後日、「何校かオープンキャンパスに行ってみたら、AよりもB大学の方が自分に合っているように思えた」と進路変更を報告してくれたんです。彼が幅広く進路を考えるきっかけになれたのは、とても嬉しかったですね。このようなやり甲斐を感じることができるので、教員は天職だと思っています。「教師は、話したことが十年後どれだけ生徒に残っているかで、その時の仕事が決まる」と聞いたことがあって、その通りだなと思います。たった3年間という短い時間ですが、僕が生徒の人生に関わるこの間に、1パーセントでも彼らの心に残るような指導をしていきたいです。

岸和田市立産業高等学校 勤務
経済学部 / 2016年 卒業

心に問題を抱える人がふっと力を抜ける場所を目指して。

大阪経済大学心理臨床センターは、地域の方に向けた心のケアの施設です。うつやパニックから楽になりたい方、子育てや子どもの発達に不安を感じている親など、さまざまな悩みを抱えた人をクライエントに、カウンセリングを行っています。カウンセリングの際に心がけているのは、「目の前の人を診る」ということ。「こういう人だから」と決めつけず、クライエントが話していることを受け止め、その状態に応じた対処をしています。決めつけない、そしてこだわりすぎない、というスタンスは大学時代に培ったものかもしれません。私自身、勉強などに力を入れすぎてしまうところがあり、ゼミの教授から「サボるくらいでちょうどいいよ」とよく言われていました。そう言われて周りのゼミ仲間を観察すると、いい意味で適当な人がたくさん。完璧でなくてはならない、という決めつけを自分自身にしていたことに気づかされました。今でも考えすぎてしまう時は、当時を思い出すようにしています。心理療法はクライエントのペースに合わせてカウンセリングを進め、一緒に不安解消の糸口を探します。そして、悩みをご自身で解決したり、乗り越えたりできるように支援します。すぐに結果が出ることはありませんが、クライエントが新たな視点で物事を考えられるようになったり、気づきを得られたりした時には、この仕事のやりがいを感じますね。今の課題は、地域の方に気軽に本センターを利用してもらうことです。カウンセリングと聞くと敷居が高く感じますが、「悩みをちょっと話してみる」という程度の身近な存在になれればと思います。私にとって大学のゼミがそうだったように、クライエントにとって「ふっと力を抜ける場所」でありたいと、強く思います。

大阪経済大学心理臨床センター 勤務
大阪経済大学大学院 / 人間科学研究科 / 2013年 修了
人間科学部 / 2011年 卒業

「企業の顔」として自社の良さを伝えていきたい。

大学3年生の時、印刷業界に興味はなかったのですが、就職課のすすめで大阪シーリング印刷の説明会に参加しました。そこで会社説明をしていた人事の方をはじめ会社の「人」に惹かれて入社を決意。入社後、財務課を経て人事課へ配属されました。大学時代とは逆に、僕が学生に会社を説明する立場に。学生にとって企業の顔となるので、僕自身が憧れられるような人物でなければと思います。「あなたがいたからこの会社を選んだ」と言われることが目標ですね。

大阪シーリング印刷株式会社 勤務
報徳学園高校卒業 / 経営学部 / 2013年度卒業

積極的にコミュニケーションで、仕事がスムーズにできる環境に。

商品を仕入れて販売する商社では、人間関係が大切。淡々と事務作業をこなすのではなく、SA(セールス・アシスタント)として、営業やメーカーとコミュニケーションを積極的にとり、トラブルにもすぐ対応でき、助け合える環境を作っています。さらに、電話での価格交渉や見積もりの作成など、営業が担当する仕事も手伝い、負担を減らすことで、チームの売上目標に少しでも貢献できるようにしています。目指すのは「頼られ、愛されるSAさん」です。

ダイワボウ情報システム株式会社 勤務
経営学部 / 2014年度 卒業

学内活動で培った姿勢が仕事に役立っています。

商品を宣伝するためのアイテムやPR方法を提案する、販売促進の営業を担当しています。今までなかったものを創り出す発想のベースになっているのが、大学時代にZEMI-1グランプリの実行委員をはじめ、多くの学内活動に参加する中で身についた「チャレンジ精神」と「より良くなるよう工夫する姿勢」。できあがった販促物をお客様から褒められた時が一番嬉しいです。将来はあなただから任せたいと言ってもらえるような頼られる存在になりたいです。

株式会社TANA-X 勤務
兵庫県立西宮今津高校卒業 / 情報社会学部 / 2016年度卒業