キャンパスライフ

証券研究部

証券研究部

クラブ紹介

証券研究部の紹介
証券研究部は1960年に創設された歴史と伝統のあるクラブです。毎週水曜日に活動しており、「勉強会」や「企業研究」、部内での「ディスカッション」を軸に活動しています。勉強会では上級生が後輩に対して証券・金融の知識を講義形式で教えていきます。また「企業研究」に関しては、公衆でのトークスキルと調査能力の向上を目的に、自分が興味関心を持った企業・業界を調査・研究し、部員の前で発表するものです。さらに不定期ですが、ディベート、ディスカッションの練習を行っています。
今年度の活動目標
全日証券ゼミナール大会で優秀賞の獲得
過去2年間の主な活動実績
2018年度
○全日本証券ゼミナール大会出場
○他大学との合同合宿
2019年度
○全日本証券ゼミナール大会出場
○他大学との合同合宿

クラブ幹部・部員数

[顧 問]小谷 融(情報社会学部)
[部 長]濱元 亮(経済学部3年生)
[副部長]村上 ヤマト(経営学部2年生)

学年/性別男子女子
1年生
0名
0名
0名
2年生
3名
0名
3名
3年生
1名
0名
1名
4年生
4名
0名
4名
8名
0名
8名

クラブ幹部のコメント

部長(濱元亮:経済学部3年生)

今年度の抱負は、各部員の「今後の日本経済にあわせた資産運用の知識獲得」を目指します。特に世界経済の近況では、社会人の貯金額の減少や高齢化、サプライチェーンの中心となった中国企業のバブル化、米中の動向やコロナウィルスといった影響もあり、資産運用が難しくなってきています。私は部会を通し、知識の共有化や知識を得たうえでの検討が大事であると考えます。特に本年度からは新しい試みも考えているので、興味がある方は気軽に部会に来てください。

副部長(村上ヤマト:経営学部2年生)

今年度の私の抱負は、部員と知識や楽しみを共有していくことです。部活動を通して証券について基礎から勉強しながら、部員同士のコミュニケーションや他大学との交流を通して知識を深めます。またイベントもあるので一緒に楽しみ、より大学生活を楽しく、有意義にしていこうと考えています。

年間予定・活動日時・活動場所

年間予定
4月新入部員歓迎会
5月企業研究発表会
6月討論会及び勉強会
7月勉強会
8月
9月他大学との合同勉強会(合宿)
10月論文作成
11月論文作成
12月全日本証券ゼミナール大会
1月全日本証券ゼミナール大会振り返り
2月
3月

 【活動時間】
 水曜日:18時~21時

【活動場所】
 空き教室