中小企業診断士登録養成課程

コンサルタントの思考法

コンサルタントの思考法

担当講師 : 横山武史

演習のテーマコンサルタントの思考法
目標1.経営コンサルタントの思考法の土台となる論理思考を修得していること。
2.コンサルティング技術の土台となる問題発見・問題解決の思考技術を修得していること。
準備学習使用教材:「ロジカルシンキング」
「問題解決プロフェッショナル―思考と技術」
「考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則」の事前学習
評価方法・レポート70%(演習内&課題レポートにより理解度を確認する)
・態度30%(発表内容や議論への参加度合いを評価する。
演習の構成
(標準時間)
1.思考法Ⅰ(3時間)【実務家】
①帰納法と演繹法
②MECEとグルーピング
 ①②のレクチャーと演習
2.思考法Ⅱ(3時間)【実務家】
①ピラミッドストラクチャーのレクチャーと演習
3.思考法Ⅲ(3時間)【実務家】
①ピラミッドストラクチャーの演習(発表)
②ロジックツリーのレクチャーと演習
4.思考法Ⅳ(4.5時間)【実務家】
①ロジックツリーの演習(発表)
②仮説思考とゼロベース思考
③イシューとイシューツリー
 ②③のレクチャーと演習
④まとめ&振り返り
学習のポイント1.帰納法・演繹法など、論理思考の基本的な手法とその留意点について学ぶ。
2.問題発見のプロセスを理解したうえで、ロジカルシンキング(WHYツリー)活用のスキルを学ぶ
3.問題解決のプロセスを理解したうえで、ロジカルシンキング(HOWツリー)活用のスキルを学ぶ
留意点
教材1.ロジカルシンキング(東洋経済新報社)
2.問題解決プロフェッショナル―思考と技術(ダイヤモンド社)
3.考える技術・書く技術 問題解決力を伸ばすピラミッド原則(ダイヤモンド社)
その他留意事項