大阪の中小企業を取り巻く環境分析と仮説検証(統計活用)、および企業ケースによる競争戦略討議

大阪の中小企業を取り巻く環境分析と仮説検証(統計活用)、および企業ケースによる競争戦略討議

担当講師:松下 隆

【第3期】開講科目一覧に戻る

目標1.統計資料の所在、活用、まとめがスムーズに実施可能になること。
2.大阪の経済、産業、企業等に関する仮説の策定と政府統計による検証作業ができること。
3.大阪の中小製造業の「ケース」から、特定産業界の把握、分析から仮説を検証、見解を示せるようになること。
準備学習1.「勤務先企業の産業」、もしくは「興味のある産業」を1つ選び、動向に関して仮説を設定しておく(授業中に個人課題で統計にて検証)こと
2.『テクノロール株式会社』のケースブックから、SWOT分析(各項目3事項程度)により、業界動向等について考え、仮説を2つ程度検討しておくこと
評価方法・授業時間での質疑応答への積極性、回答内容30% :企業ケースでの質問、議論
・レポート70% :「印刷関連産業」及び「事前学習で選んだ産業」2つについて、仮説1つずつを統計データにて検証する、評価のポイント:「仮説設定と検証の関連性」、「ストーリー」、「見やすさ」、「授業での指示内容の反映」をみたい
演習の構成
(標準時間)
1.大阪産業の概観と統計資料のまとめ方解説(1.5時間)
 1)大阪の経済・産業について概観、解説する
 2)政府統計の内容とアクセス方法等を解説する
2.仮説の構築と検証作業(1.5時間)
 1)統計資料による仮説検証
 2)レポート作成の方向性を相互議論で決定
3.大阪の中小製造業の「財務分析」と「ケース」の読み込み、解説と議論(3時間)
学習のポイント1.・大阪産業経済リサーチセンター『なにわの経済データ』(2020年度版)の解説。
  ・使用した政府統計のアクセス方法と統計データの所在に関する解説。(個人割当PCにて操作)
2.・「事前準備」での2つの産業における仮説
  (発表)発表。相互に気づき。
  (検証)その仮説を検証する統計資料の探索とレポート作成のためのまとめ作業。
  *統計で裏付けしやすいデータでよい
3.・日本ケースセンター所収、『テクノロール株式会社 ~ 印刷ゴムロール交換メンテナンス事業と経営戦略 ~』著者:松下隆、24ページ
  ・2008年03月作成・改訂 を使用して、大阪の中小製造業の企業経営を概説。経営重要項目について、解説と議論を行う。
留意点1.授業後に実習などに際し、マクロデータの資料作成に役立つ産業、企業に関する政府統計に関する補足資料を提供するので、以後活用してほしい。
2.仮説構築と検証作業の流れを経験することで、説得性の強い提案資料の作成方法の体得を経験する。
3.実際の中小製造業のケースを元に、業界特有の事象、技術経営、知的財産権、従業員のモチベーションなど企業の経営事象について解決策を考える。
教材・オリジナルテキスト(PPTファイル)
・大阪産業経済リサーチセンター『なにわの経済データ』(大阪府/2020年度版なにわの経済データ (osaka.lg.jp)),第1,3章の印刷物
・日本ケースセンター所収、『テクノロール株式会社』CCJB-OTR-80077-01(1冊¥660)
その他留意事項・個人割当PC
・Webサイトアクセス
・オフィスソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)