中小企業診断士登録養成課程

管理会計能力の構築支援

管理会計能力の構築支援

担当講師:浅田拓史

【第3期】開講科目一覧に戻る

目標1.予算管理・コストマネジメント・投資意思決定に関する基礎的な知識の理解
2.予算管理・コストマネジメント・投資意思決定に関する基礎的な知識を分かりやすく伝達するスキルの修得
3.管理会計能力の構築支援に関する提案の手法の修得
準備学習
評価方法最終発表 100%(受講者間での相互評価の結果をふまえて、教員が評価する)
演習の構成
(標準時間)
1.管理会計(4.5時間)
2.予算管理(6時間)
3.コストマネジメント(4.5時間)
4.投資意思決定(4.5時間)
5.管理会計能力の構築支援に関する提案の手法(4.5時間)
学習のポイント1.中小企業の管理会計能力構築を支援するために、経営者・従業員に対して、管理会計を分かりやすく伝えるための知識とスキルを修得する。
2.中小企業に必要な予算管理を理解し、経営者に分かりやすく伝達するための基本的な知識とスキルを修得する。
3.費目別計算、部門別計算、製品別計算といった原価計算の基礎に加えて、原価改善額を測定するための基本的な知識とスキルを習得する。
4.中小企業に必要な投資経済計算について理解し、経営者に分かりやすく伝達するための基本的な知識とスキルを修得する。
5.・講義で学んだ知識を基礎に、管理会計能力の構築支援に関する提案の発表を行う。これに対して講師および他の参加者からのフィードバックを得る。
留意点・管理会計に関する知識を理解するだけではなく、それを分かりやすく伝えるためのスキルを磨くこと。
・中小企業に特有の制約条件のもとで、どのような管理会計があるべきかを理解すること。
教材オリジナルテキスト
1.PowerPointスライド(浅田作成)
その他留意事項