中小企業診断士登録養成課程

管理システムの管理・改善

管理システムの管理・改善

担当講師:島田尚往

【第3期】開講科目一覧に戻る

目標・生産管理、品質管理について理解している。
・製造業のコスト構造について理解し、チャージを用いたコスト見積り方法を知っている
準備学習製造原価報告書を含んだ決算書の意味を理解していること。
生産マネジメント【第3単元】生産戦略の考え方の内容を理解していること。
評価方法レポート50%  授業への貢献度50%
演習の構成
(標準時間)
1.コストと見積り(2.0時間)
 ①固定費と変動費
 ②チャージと見積り
 ③受注可否判断
2.生産管理(2.0時間)
 ①進捗管理板
 ②在庫管理
3.品質管理(1.5時間)
 ①改善のPDCAの回し方
 ②検査
 ③製造部門外起因のトラブル
4.DR(2.0時間)
 ①DRとは
 ②DRの活用方法
学習のポイント1.・製造業のコスト構造について学び、企業によって特徴が異なることを理解する。
  ・チャージと見積り方法について理解する。
2.・様々な業態での生産管理について知る。
  ・進捗管理板を用いて生産管理を行う方法を学ぶ。
3.・データ取得とマニュアル化による品質の継続的改善について学び、DRとの関連を知る。
  ・改善のPDCAの回し方を知る。
4.・企業ごとの業務内容と生産改善におけるDRの位置づけについて学ぶ。
  ・DRの仕組みを規定するポイントを知る。
留意点1.受注可否判断にコスト見積が重要であることを理解する。
2.生産管理がなぜ必要なのかを説明できるようにする。
3.第4単元「製造システムの管理改善」で学ぶ手法との関連を把握できるとなお良い。
4.どういった企業であればDRが有効なのかを把握する。
教材オリジナルテキスト(PPT)
その他留意事項