中小企業診断士登録養成課程

情報化支援の進め方(流通業)

情報化支援の進め方(流通業)

担当講師:中村健二

【第3期】開講科目一覧に戻る

目標●経営課題を解決するための情報化課題を発見できること
●情報化課題に対する解決策の具体的方策について、的確な指導・援助・アドバイスができること
●情報化に関する企画、ベンダーに対する提案依頼書を作成できること
準備学習●1次試験「経営情報システム」の参考書等でUML(Unified Modeling Language)のユースケース図およびアクティビティ図について復習しておいてください。
●情報化のためのシーズは日進月歩であるため,常に,最新の技術について情報収集すること
評価方法最終課題:60%(最終授業で課した事例に対する分析とRFPの作成)
その他:40%(授業内でレポート,発表,グループワークへの参加などを総合的に評価)
演習の構成
(標準時間)
1.ガイダンス(0.5時間)
2.UMLの基礎知識(2.5時間)
3.経営課題・情報化課題の設定(3時間)
4.情報化企画書の作成(4.5時間)
5.情報化企画書の発表(1.5時間)
学習のポイント・本授業の位置付けの説明
・情報化企画書の必要性
・ユースケース図,アクティビティ図などの分析ツールの記述方法と概要を解説
・流通業の範囲
・流通業の状況(流通業における一般的な課題)
・グループワークにて議論し,各人が検討対象とする経営課題・情報化課題を設定
・企業と関わる顧客との関係性をユースケース図・ユースケース記述にて表現
・情報化企画書とは
・情報化企画書の作成
 ―企画の全体像(テーマ)
 ―企業の置かれる状況の分析
 ―経営課題の分析と説明
 ―情報化戦略と情報化方策の提案
 ―期待効果(定量と定性)
・アクティビティ図による業務プロセスの表現
・情報化企画書の発表
・意見交換
留意点
教材特になし.
適宜配布するため,印刷して持参すること
その他留意事項