情報化支援の進め方(製造業)

情報化支援の進め方(製造業)

担当講師:山口 透

【第3期】開講科目一覧に戻る

目標製造業における経営目標を達成するための経営戦略の一環として、情報化戦略の構築について、基本的な考え方を理解すること。また、具体的方策について実践的知識・手法を習得することにより、情報化支援の能力を身につける。
準備学習経営戦略および生産マネジメントの科目について、十分な理解(復習)をしておくこと。
評価方法
レポート:50%(授業内レポートを適宜実施し、理解度を確認する。)
その他:50%(発表内容や議論への参加態度や貢献度を評価する。)
演習の構成
(標準時間)
1.経営課題、情報化課題の設定
(1.5時間×4回)
2.情報化デザインの策定
(1.5時間×4回)
3.情報化企画書の作成
(1.5時間×2回)
4.提案依頼書の作成
(1.5時間×2回)
学習のポイント
1.情報化戦略策定のプロセスを理解したうえで、経営課題を把握し、情報化によって対応可能な課題を設定する。
 例)収益性向上・業務改善(基幹系)WEBマーケティング、情報系 など

2.業務の流れを理解し、業務ごとに情報化のポイントを検討する。IT技術の進化のスピードは速いが、それに惑わされない、かつ、速いスピードを活用する知見を身につける。

3.経営課題を解決するための、情報化のあるべき姿(必要な情報システムとその運用について)を策定する。

4.事例企業について、ベンダーに提示する提案依頼書の作成、および提案書の評価に関するポイントを習得する
留意点基本的にグループでの演習とし、課題や企画書をまとめるプロセス、あるいは外部ベンダーとの交渉のプロセスについて、具体的に演習する。
教材
講師が作成するオリジナル教材
※生産性向上の取組み事例と支援策(共著、同友館)の情報化の章を適宜参照
その他留意事項