コンサルタントのプレゼンテーションスキル

コンサルタントのプレゼンテーションスキル

担当講師:田村俊之

【第3期】開講科目一覧に戻る

目標1.経営コンサルタントに求められる論理的な伝え方ができること
2.そのために論理的な整理をしてスライドに展開できること
3.副次的に、表現力が豊かな伝え方を身につけること
準備学習・横山武史先生の「コンサルタントの思考法」のピラミッドストラクチャーとMECEの復習をすること。
・事前に配布するテキストを読み、「事前課題」と右上に書かれている演習を自分なりに取り組むこと。
・事前に配布するケース(2つ)を読んでくること
評価方法レポート50%、講義中のプレゼン50%(論理構成、話し方等)
演習の構成
(標準時間)
1.話すスキル (1時間)
 非言語コミュニケーション
2.相手分析とゴール設定 (3時間)
 相手の関心事の想定、自分のゴール設定
3.論理構成 (4時間)
 結論・全体像から先に、グループ化、What-Why-How、ピラミッドストラクチャー
4.スライド作成 (3時間)
 1スライド1メッセージ、図解
5.プレゼン実践演習 (4時間)
 ケーススタディ、相手分析、論理構成、スライド作成、話し方まで
学習のポイント1.相手分析、論理構成、スライド作成、話し方(デリバリースキル)の四つを段階的に学ぶ。
2.ケーススタディを通じて、コンサルティングで使うプレゼンスキルを習得する。
留意点理論学習と演習を組み合わせて楽しく学びます。
「コンサルタントの思考法」と関連する内容ですので、事前学習にて復習をしてください。
教材オリジナルテキスト(PTT)
参考図書として「プロフェッショナル・プレゼンテーション」(土井哲、髙橋俊介)、「ロジカルライティング」(照屋華子)をおすすめします。
その他留意事項コンサルティングをする上で非常に重要なスキルの一つなので、プロとして使えるレベルを目指しましょう!