製造業総合

製造業総合

担当講師:山本彰子

【第3期】開講科目一覧に戻る

目標1.中小製造業の総合的な支援ができるよう、ケースを使って演習を行い、診断のプロセスを修得すること。
2.経営診断Ⅰの知識やスキルを活用し、的確な分析、診断および提言に必要な実践的能力を修得すること。
準備学習事前に配布するオリジナルケースをよく読み込んで討議に備えてください。
・MSエクセルを使って簡単なグラフを作成できるように、またMSパワーポイントについても、プレゼン資料の作成や発表ができるようにしておいて下さい。
評価方法レポート(A4で1枚以内の個人課題を1回)とプレゼンテーションの内容<60%>
参加・貢献状況<40%>
演習の構成
(標準時間)
1.企業概況分析・経営環境分析・経営資源分析(3時間)
 経営指標・各種フレームワークの活用
2.経営課題の抽出(1.5時間)
3.経営戦略立案(3時間)
4.戦略の具体化(3時間)
 経営改善の提言
 経営革新の提言
 中小企業施策の活用
5.発表・講評・振り返り(3時間)
学習のポイント1.・経営環境を含めた全社的、総合的な分析の進め方を学ぶ。
  ・戦略形成に必要な分析に焦点を当てながら、さまざまなフレームワークの実際の使い方について学ぶ。
2.・分析結果に基づいた経営課題の抽出法について学ぶ。
  ・製造業においてチェックすべきポイントを学ぶとともに、最重要課題を特定する。
3.・分析結果の全体を俯瞰して論理的に戦略を立案する。
  ・戦略計画を推進するためのシナリオを構築する。
4.・経営者に対する報告書とプレゼンテーション資料をグループ単位でまとめる。
  ・基本戦略と優先順位の明確化、戦略オプションの提示、全体最適の調整を行う。
5.・グループごとの発表を行い、講師からの講評をフィードバック。他グループの発表から得られた気づきについても報告し合う。
留意点
教材オリジナルケース「W化学工業」の事例
オリジナル解説資料(PPT)
その他留意事項