中小企業診断士登録養成課程

経営戦略策定実習Ⅱ

経営戦略策定実習Ⅱ

担当講師:細谷弘樹、石橋研一、未定

【第3期】開講科目一覧に戻る

実習の目的企業の持続的な成長・発展を支援するため、企業を取り巻く外部環境、内部資源について総合的に分析し、分析の結果として策定された経営戦略により明らかになった戦略課題を解決するための具体策を策定するとともに、経営戦略の実行に向けた中長期経営計画を策定することにより、中小企業の指導・支援・アドバイスができるコンサルティングスキルを修得する。
実習の目標1.経営戦略を策定し、ビジネスモデルを再構築するための的確な分析(外部環境分析、内部資源分析)ができるスキルを修得していること。
2.外部環境分析、内部資源分析の結果から、論理的プロセスを通して経営戦略・機能別戦略を策定し、戦略課題(経営課題)を抽出できるスキルを修得していること。
3.戦略課題(経営課題)の解決に向けた具体策を策定できるスキルを修得していること。
4.経営戦略の実行に向けた中長期の経営計画(利益・資金計画、及び戦略実行アクションプラン)を策定できるスキルを修得していること。
準備学習経営診断Ⅱ演習の特に自分が苦手とした単元の復習をしておいて下さい
評価方法登録養成課程受講者修得判定基準に関する内規による
実習の構成
(標準時間)
1. 企業・環境把握(1日)
2. 経営戦略策定のための調査・分析(4日)
3. 経営戦略策定
 経営課題ソリューション案策定(5日)
4. 全体調整・報告書作成(1日)
5. 最終報告(1日)
6.反省・講評(1日)
学習のポイント1.・全社的に現状分析を行い、問題点を整理し、重点的な調査・分析項目を絞り込む。
2.・経営戦略策定のための外部環境分析、内部資源分析を行うスキルを修得する。
3.・調査・分析結果を整理し、論理的プロセスを通して経営戦略を策定し、経営課題を抽出する。
  ・抽出された経営課題の構造化を行い、経営課題解決の具体策を検討する。
  ・策定された戦略を実行するための中長期経営計画(利益・資金計画、アクションプラン)を策定する。
留意点・最終報告までに、数回、組立てた仮説について経営陣との意見交換を行い、検証する。
・実現可能性の高い実行計画を策定するため、企業の現状の組織能力を考慮した計画を策定する。
主要アウトプット・経営診断報告書(経営全般についての現状分析、問題点構造化、重点課題の抽出)
・経営戦略策定書
・中長期経営計画書