学部/大学院・教育内容

【2019年度】梅原英治ゼミ「市役所訪問調査と福井県高浜町合宿」

市役所訪問調査と福井県高浜町合宿

地域政策学科3回生梅原ゼミでは、15名のゼミ生が5つのチームに分かれ、吹田市・摂津市・東大阪市・守口市・門真市の調査を進めてきました。7月に入り、各チームが市役所を訪問、ヒアリング項目の設定やアポイントメントを取る難しさなども経験しました。ご協力くださいました各市役所の皆様には心より感謝申し上げます。市役所訪問で撮ってきた写真、生き生きとした良い表情をしていますね。

吹田チーム

吹田チームは7月3日(水)に吹田市役所保育幼稚園室に訪れました。みなさんとても良心的で、あらかじめ送っていた質問への回答や資料を用意してくださっていました。実際に質問したことでホームページなどに記載されていないことを知ることができました。吹田市が力を入れている、待機児童解消のための認定こども園への移行に対する市民の声や成果などの調査によって、吹田市への理解を深めることができました。 普段することのない市役所の訪問は貴重な経験になりました。(井上・山田・難波)

摂津チーム

摂津チームは7月3日(水)に摂津市役所子育て支援課に訪れました。若者定住をテーマに若い世代の人口の推移、待機児童の問題や、子供が事件に巻き込まれる事件などの対策について研究したうえで、わからない内容を実際に市役所に訪問して調査しました。自分たちでアポイントをとるなど初めての体験が多く、緊張する部分もありました。市役所のみなさんもやさしく丁寧に教えてくださり、とてもいい経験になりました!(石川・松下・西村)

守口チーム

私たち守口チームは7月3日(水)に守口市役所子ども政策課に訪れました。そこで幼児教育の無償化や子育てにおいて力を入れている政策について調べてきました。守口市では特に20代から30代の若い子育て夫婦にやさしい街づくり、未来への投資、女性の活躍・支援、定住の町の実現に向けて取り組んでいました。訪問時、丁寧にご対応いただき、私たちの子育て行政についての知識もより深まり、少子化だけでなく女性の社会進出についても関心が高まる訪問となりました。(中川・下山・小座本[カメラマン])

東大阪チーム

東大阪チームは7月5日(金)、東大阪市役所「花園ラグビーワールドカップ2019推進室」を訪問しました。その名の通り、私たちは今年の9月に開催されるラグビーワールドカップと、日ごろから取り組まれているラグビー推進活動についてお話を伺いました。本大会のために新たに改修されたスタジアムや開催に至るまでの誘致活動、さらにワールドカップ以外にも取り組まれている小学校向けのラグビー教室など貴重なお話をたくさん伺いました。(塩田・中川・嶋谷)

門真チーム

私たち門真チームは7月10日(水)、門真市に行きました。街づくり、とくに街の防犯の現状と対策について調べるため、実際に現地を訪れ、市役所に立ち寄りました。直接目で見て感じることで、新たな発見や疑問点も多く出てきました。これらの発見や疑問をより深く調査していきたいと思います。今後も門真市だけにとどまらず、他の街にも視野を広げる良い経験になりました。(宮田・田中・藤原[写真撮り忘れ])


 

福井県高浜町の「民宿旅館やまぐち」

7月15~16日、福井県高浜町の「民宿旅館やまぐち」(ゼミ生の実家)で合宿をしました。ご家族のみなさまには大変お世話になり、誠にありがとうございました。
 3回生梅原ゼミ、笑顔の絶えない楽しいゼミです。(担当:梅原英治)