学部/大学院・教育内容

【2020年度】中村ゼミ キャンパスベンチャーグランプリ大阪で近畿経済産業局長賞受賞

商都大阪の次代を担うアイデアとチャレンジスピリットを競う

2020年12月7日(月)に開催されたキャンパスベンチャーグランプリ大阪(主催:北おおさか信用金庫、日刊工業新聞)で、中村ゼミが近畿経済産業局長賞を受賞しました。このコンテストは、学生から新商品・新事業などのビジネスプランを公募し、優れた企画を顕彰することで新たな事業化精神を鼓舞すると同時に、課題発見・解決型人材の育成を目的としています。

接客店員が手のひらに

このコンテストで、中村ゼミは商品検索案内システム「Proinfo」を発表しました。これはQRコードとVSLAM(※)を主に用い、低コスト低負担で小売り店舗の店内地図を作成できるというもの。商品情報が入っているQRコードを配置し、店内通路を歩いて360度カメラで撮影すれば、自動的に地図が完成します。これにより、店舗を訪れた客はスマートフォンで「Proinfo」を利用すれば、店員の接客対応無しで希望商品や在庫の検索ができ、店舗運営者は人件費等のコストダウンが可能となります。また、販売業以外の用途として、在庫管理を行う倉庫業への展開も期待できます。
発表後の質疑応答では、大型アパレル店で導入されている非接触タグとの連携や、小さな商品を扱う店舗で導入する際の問題点など、審査委員から事業化を想定した具体的な質問があり、それに対し学生が回答しました。

※VSLAMとはカメラで撮影された映像から環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定する技術のこと

教員の声

中村 健二 教授
CVG大阪は「学生起業家の登竜門」と言われる国内最大級の学生ビジネスプランコンテストなので、中村ゼミのチームが受賞できたことは非常に嬉しく思っています。今回の受賞が「頑張ったことは必ず結果につながる」という自信になり、今後の人生にとって非常に良い経験になったのではないかと思います。

学生の声

春休みの100本のテーマ出しからはじまり、オンラインでの打ち合わせを中心に、半年以上に渡る研究の結果、受賞できたことはとても嬉しく思います。今回のコンテストはコロナ禍での研究だったため、1人ひとりの個性や特技を生かしながら臨機応変に対応できたことは、チーム全員の自信と成長につながりました。

(画像左より仲村 良さん 永松 基成さん 林 愛桂さん 小林 美優さん 福井 真帆さん 中村 健二教授

最終審査会出場チーム(発表順)

1.和歌山大学
テーマ:みんなの行きたいが一目でわかるお出かけメモアプリ「Dropy」
2.大阪工業大学
D-style~国産木材を使用してはじめてのDIY~ 
3.同志社大学
今すぐ行きたい!を叶える美食特急券 ~美味しい人気店行き~ 
4. 奈良先端科学技術大学院大学
心と体を「ゴミ拾い」で健康にするアプリ「Health Trash」
5.追手門学院大学
アドバッグ~エコバッグ専門の広告代理店~ 
6.阪南大学
ようこそ!遊民村へ!~引きこもり達の経済的自立への道~ 
7.奈良女子大学
ペット用健康バイオ飲料「ベリーキャット」
8.近畿大学
飲食事業参入を目指す会社と飲食店をマッチングすることでキッチンを持たずに飲食事業の展開を可能にする仲介サービス
9.大阪経済大学
VSLAMとQRコードを用いた商品検索案内システム「Proinfo」
10.武庫川女子大学
RAINBOWお買い物システム