お知らせ・ニュース

関西圏に緊急事態宣言が発令された場合の本学の対応について

関西圏に緊急事態宣言が発令された場合の本学の対応について

学生の皆さんへ

学長 山本 俊一郎

関西圏に緊急事態宣言が発令された場合の本学の対応について

 1月7日(木)に首都圏の1都3県に緊急事態宣言が発令されました。関西圏においても感染拡大は続いており予断を許さない状況の中、大阪府知事は緊急事態宣言の再発令を要請する意向を表明しています。
 しかしながら、大学をはじめとした教育機関は休業対象とはならない見通しであるため、大阪府からの発令があった場合でも、現状の授業運営方針を維持することとしました。
 ただし科目によっては、WEBを活用した授業に切り替えることもありますので、ゼミを含む対面授業を受講している学生の皆さんは、受講前に必ずKVCを確認するようお願いします。併せて、不要不急の外出やマスク無しでの飲食、大声での会話を控えるなど、引き続き「新しい生活様式」を徹底し、これまで以上に感染防止に努めてください。
 なお、対面授業に不安等を感じる場合は、遠慮なく担当科目の教員、または教務部(kyomu@osaka-ue.ac.jp)に相談してください。
 また、今後も状況により授業実施方法や入構ルール等を変更する場合がありますので、留意してください。