シナリオ・プランニングによる未来予測PBL

シナリオ・プランニングによる未来予測PBL

◆概要
18歳人口の減少、パンデミックによるオンライン授業の進展など
大学運営を取りまく環境の不確実性が増しています。
 
しかし、冷静になって様々に視点を凝らせば、
あちらこちらに未来の予兆は隠れているものです。
 
PBLは問題解決力の育みには最良の取り組みですが、
今回はみんなで未来予測を行い、社会課題の具体化を通じて、
考え得る限りの大経大の未来のストーリーを考えてみましょう。
 
大学内の情報分析や、大学の外の環境を分析するなど、
いくつかの指標に基づき、どんな将来が訪れたとしてもあたふたしないように、
各種のシナリオを準備します。
 
この取り組みは、シナリオ・プランニングといって、
今後、皆さん自身が自分の将来を考えるうえで、
進みたい方向や取り組みたい仕事を選ぶ時に必ず
役に立つ考え方、手法です。
 
講義全体のファシリテーターとして、
大経大をよく知るふたりの講師(水江泰資:ロジカルシンキング、
竹本記子:キャリア支援)と一緒に、
有意義な夏季休暇の使い方の一つとしてご参加ください。
 
◆このPBLでこんなことが出来るようになる!!
・限られた情報ソースをもとに複数の視点から俯瞰した未来シナリオを描く手法
 「シナリオ・プランニング」を知る。これにより、今後、学生自身が自分の将来を
 考えるうえでシナリオ・プランニングを使い、進みたい方向や取り組みたい仕事を
 選べるようになる。
・他者との協働や個を発揮することの難しさを経験し、リーダーシップの醸成を図る。
 
◆スケジュール
9/2(木)10:00~13:00 初回オリエンテーション
9/6(月)10:00~13:00 学生グループワーク(各グループで大経大の将来シナリオを検討)
9/8(水)10:00~13:00 中間発表(講師によるフィードバック)
9/9(木)10:00~13:00 学生グループワーク(中間発表のフィードバックを受けてシナリオを修正)
9/16(木)10:00~13:00 学長への最終プレゼン
※総ての回に参加が必須です。
 
◆講師
水江先生(担当授業『ロジカルコミュニケーション』、『ファシリテーション基礎』など)
竹本先生(担当授業『コミュニケーションスキル』、『プレゼンテーション入門』)
 
◆参加費
無料
(学外へ視察等が発生する場合の交通実費は学生負担です)
 
◆定員
24名(先着順)
(最少催行人員3名)
 
◆申込方法
以下のフォームからお申し込みください。
https://forms.office.com/r/19KNgn23YD
 
◆問合せ
図書館・研究所事務課 社会連携担当 大塚・後藤 (G館3階)
social@osaka-ue.ac.jp